るろうに剣心 伝説の最期編(実写映画)の無料動画をフル視聴する方法

映画
『るろうに剣心 伝説の最期編』予告編

るろうに剣心 伝説の最期編(実写映画)の動画を無料視聴する方法

「るろうに剣心 伝説の最期編」
業界No.1の動画配信サービス「U-NEXT」
フル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間内に解約すれば違約金もありません。
ボタン一つで簡単に解約できます。

【U-NEXTのおすすめポイント】

  • 見放題動画21万本、レンタル動画2万本を配信!(2021年4月時点)
  • 月額プラン2,189円(税込)が31日間無料!
  • 600円分のU-NEXTポイントをプレゼント!
  • 上記特典を利用することで、見放題動画を31日間無料で視聴可能!
  • 「ポイント作品・レンタル作品」は、U-NEXTポイントを使って視聴できる作品で、1ポイント1円(税込)相当として利用可能!

【U-NEXT利用者のコメント】

20代女性
20代女性

子ども向けのものから、若者向け、大人向け、と様々な世代に向けたアニメ作品がたくさんあり、家族みんなで利用することができる点がとてもお気に入りです。また、アプリやテレビ版のアプリでも操作がしやすく、スムーズに作品を視聴することができる点がいいなと思います。また、画質や音質も良く快適な視聴が可能な点も好きです。特に気に入っているところは、作品に五段階の評価が付いているところです。何か知らない作品を見たいときには、必ずこの評価を確認して星が四つ以上のものを見るようにしています。評価を参照しながら作品を選ぶとハズレがないので効率的です。

30代男性
30代男性

ないエンタメがない、というキャッチフレーズは本当で、ありとあらゆるエンタメ作品の多さに感動しました。サイトもシンプルで目的の作品が探しやすいように細かくカレゴライズされている点もよかったです。特にアニメ作品のラインナップの豊富さは数あるVODの中でも郡を抜いており、アニメが好きな方であれば登録して絶対に損はしないと断言できるでしょう。一概にアニメといってもオールドなものから最新のものまで幅広く扱っています。私は90年代のアニメが好きなのでそれを目的として登録しましたが、最近のアニメも見てみると面白いものが多く、様々な作品に気軽に触れれてる点も嬉しいポイントです。

るろうに剣心 伝説の最期編(実写映画)の無料動画まとめ

\詳細をU-NEXT公式サイトでチェック/

/最新の話題作が見放題\

危険!映画やドラマの視聴は公式サイトで!

PandoraやDailymotion等の違法動画サイトを利用して、動画や映画を視聴又はダウンロードすることは、おすすめしません。

違法動画サイトには、クリックしたことでウイルスに感染する広告など、危険な罠が張り巡らされています。
クレジットカード情報や個人情報を抜き取られるなど、多くの方が被害にあっています。

また、個人利用目的であっても、違法アップロードされた動画をダウンロードすると、刑罰が科されます。
「2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)」の処罰が科され、実際逮捕者が出ています。

最終的には自己責任ですが、合法的に無料視聴ができる公式VODサイトをおすすめします。

るろうに剣心(実写映画)のシリーズ

るろうに剣心 伝説の最期編(実写映画)の内容

【ストーリー】

岸へ打ち上げられた剣心は、師匠の比古清十郎に拾われ、奥義の伝授を願う。一方、剣心が生きていると知った志々雄は、彼を人斬り時代の暗殺罪で公開打ち首にするよう政府に迫る。奥義を会得した剣心は東京へ向かうが、行く手に蒼紫が立ちはだかり…。

【出演者】

(緋村剣心)
佐藤健
(神谷薫)
武井咲
(四乃森蒼紫)
伊勢谷友介
(相楽左之助)
青木崇高
(高荷恵)
蒼井優
(瀬田宗次郎)
神木隆之介
(比古清十郎)
福山雅治
(斎藤一)
江口洋介
(志々雄真実)
藤原竜也
(伊藤博文)
小澤征悦

「るろうに剣心 伝説の最期編」
業界No.1の動画配信サービス「U-NEXT」
フル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間内に解約すれば違約金もありません。
ボタン一つで簡単に解約できます。

るろうに剣心 伝説の最期編(実写映画)の感想

劇場で一番最初の放映で見ましたが本当に面白かったです。ストーリーの構成やアクション、音楽そういうもの全部レベルが高かったので1時間半が一瞬に感じられるレベルで充実した時間が遅れました。最後のアクションシーンが本当にすごくて、日本の映画もまだまだ全然世界に通用する、とも思わされました。人間ドラマにも決着がついて緋村剣心の成長や葛藤を見ることが出来るのも本作が最後と考えると少し寂しいものがありますが、なにはともあれ無事に完結してくれて本当に良かったです。最近は完結しても後味が悪かったりストーリーが劣化するものなどもあるのですが、本作はそういうことは全くなくハイクォリティな一級品に仕上がっているのでまだ見ていない方はぜひとも見てみるといいかもしれません。 20代 男性


左之助、斎藤さん、四乃森蒼紫率いる御庭番衆などかつて剣を交えた相手と共闘して志々雄真実という巨悪に立ち向かうという構図は素直に熱く、ワクワクしました。対する志々雄真実側は、主に十本刀に関して取り入れられたオリジナル要素も違和感がなかったですし、政治色をやや濃くしたことによって彼もまた明治維新という大きな変革・歴史のうねりに翻弄された犠牲者という側面が強調されていて良かったと思います。対峙した場面での愉快そうな態度も、バトルジャンキーというより最期を悟った人間が日本を巻き込んで大輪の花を咲かせて散ってやろうという意思が透けて見えるようで、傍らに寄り添う由美姐さんが原作漫画より頽廃的な美貌を持つことも手伝って壮絶な美しさのようなものが感じられて、とても印象に残っています。 30代 女性


シリーズの前作に比べて殺陣のレベルが更にパワーアップしていますし、中華圏の武侠作品などでよく使われているワイヤーアクションも適宜取り入れて、アクション全体のレベルが上がっていますね。まさに日本の映画史に残る作品でしょう。ストーリーについては、ちょっとエピソードを詰め込み過ぎて、説明不足なシーンも目立ったように思いますが、登場人物それぞれのキャラクターを強調する要点はしっかり押さえられていたように思います。悪役たちも、悲惨な過去を背負っていたり、迫力のあるオーラがあったりと、魅力たっぷりに描かれていますしね。原作から改編されていることについては賛否があることだと思いますが、主人公の緋村剣心にとって良い終わり方ができた点は嬉しいです。 30代 男性


見終わった後は劇場内がしばらく放心状態でした。そのぐらいの圧巻な作品です。京都大火編の密度もすごいものでしたが、アクションに限っては間違いなくそれを凌駕しています。構成も見事で、京都大火編のラストを受けてのオープニングは、剣心の師父ともいうべき人物と幼い「心太」の出会いから。比古清十郎から奥義を伝授されるシーンはシリーズ屈指の美しさです。竹林の緑と黄色、比古の白マント、そして剣心の血、比古の言葉とどれもが圧巻の完成度。序盤の花です。しかし最終盤にクライマックスがきます。この1対4の最終決戦は日本のアクション映画に空前の金字塔です。恐ろしく複雑で多い番手でしかも、全てのアクションは芝居の一部になっているというのがすごい。漫画原作、アクション、といった括りではなく、作品として間違いなく名作と感じます。 40代 女性


短身痩躯なせいで大技を一つ繰り出すには相当な負担が体にかかるという剣心とは違い、比古清十郎は秀でた体格のおかげで十全に飛天御剣流が扱えるという設定が原作漫画にあったため、優男風な福山雅治さんでは見た目のイメージがだいぶ違うと最初は感じていたのですが、年齢不詳の若々しさと人を食ったような飄々とした雰囲気はまさに師匠という感じで、修行の際のアクションシーンはとても格好良かったです。非常にテンポ良くストーリーが進行する上、要所要所で見栄えのするアクションが差し挟まれるので飽きが来ず、かなり情報量が多いながらも途中で混乱することなく楽しむことが出来ました。登場人物も多かったですが誰も宙ぶらりんになることなく、きちんと決着をつけた好感の持てるシナリオでした。 30代 女性


殺陣によるアクションシーンの迫力が、凄かったです。刀捌きもさることながら、身体の動きや、スピード感が今まで観てきた映画とは全く異なり、本当に斬り合っているかのような演出が、観ている人をより映画の中に引き込んでくれるように感じました。またキャラクター設定も、原作を忠実に再現しており、主演の佐藤健はもちろんのこと、個人的には瀬田宗次郎を演じた、神木隆之介の演技がひときは輝いているように感じました。いつもニコニコと笑顔を絶やさない宗次郎が、闘いの果てに気づいた自分自身に、頭を抱えて嗚咽する姿に痛々しさを感じながら、本来の人の姿のようにも思えました。重厚な主演陣と日本一とも呼べるアクションシーンが融合した素晴らしい実写映画だと思います。 20代 女性


前作のラストを観ていると剣心たちが心配になりましたが、ほっとするような内容で良かったです。作中では左之助と弥彦が剣心と薫の安否を心配していました。私も祈るような気持ちでいましたが、二人とも無事で安堵しました。さらに剣心が志々雄に立ち向かおうとするところから、ストーリーがぐんとおもしろくなったように思います。剣心が師匠とのやりとりする中で「志々雄を倒すまでは死ねない」と言うシーンがあります。このシーンがとてもかっこよかったです。後に剣心と志々雄のバトルシーンがありますが、巨大船での死闘はかなり迫力があって食い入るように観ていました。ラスト、剣心は傷だらけになりながらも志々雄を倒します。ほっとする良い結末でした。 30代 女性


実写映画「るろうに剣心 伝説の最期編」は、とにかくアクションシーン迫力満点で面白い作品でした。アクションシーンはよくあるアクションシーンという感じではなく、リアルで、泥臭いアクションがストーリーを引き立てていました。洋画に匹敵すると言っても過言ではないアクションシーンは、今後の邦画に影響を与えると思いました。また、原作にはないストーリー展開もあり、原作とはまた違った角度から楽しむことができました。原作を知っている人はもちろん、原作を知らない人でも楽しめる内容です。また、キャストも非常に豪華で、佐藤健さんをはじめ藤原竜也さんや江口洋介さんなど、名だたるキャストが集結し、迫力の演技も楽しむことができました。 20代 男性


実写映画「るろうに剣心 伝説の最期編」について、「極限状態に追い込まれる剣心」と「志々雄との激闘」が良かったと思いました。まず、極限状態に追い込まれる剣心についてです。この映画では、剣術に優れている武士・剣心の様子が描かれます。剣心は、ひょんなことから政府から指名手配犯として追われることになります。戦いの腕はピカイチなものの、大勢から狙われて動きが制限されていく剣心にハラハラしながら観ていました。次に、志々雄との激闘についてです。剣心は、過去に因縁のある武士・志々雄と再び対峙することになり、剣心以上に剣術に長けた志々雄と一歩も譲らない戦いを繰り広げていきます。志々雄との手に汗握る戦いに興奮しながら観ていました。 20代 女性


実写映画「るろうに剣心 伝説の最期編」で良かったところは、「清十郎の師匠としての厳しさ」と「混乱する世の中」です。1つ目は、清十郎の師匠としての厳しさです。この映画では、幕末を舞台に大切な人を守るために戦う武士たちの様子が描かれます。過去の出来事をきっかけに浪人として生きる剣心は、戦いで命の危機を体験した中で、かつて剣術を教わった清十郎と再会し、今後の戦いに向けて新たな剣術を身に着ける修行に励みます。剣心の優秀さを知っているからこそ、より厳しい試練を与え続ける清十郎に、愛を感じながら観ていました。2つ目は、混乱する世の中です。剣心が生きる時代では、明治時代に近づいていく中で、武士たちと役人たちが政治の実権を懸けて争っていくことになります。時代の変わり目で混沌としていく世界に、ワクワクしながら観ていました。 20代 女性

本ページの情報は2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました