新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に(アニメ映画)の無料動画をフル視聴する方法

アニメ
追告 B『シン・エヴァンゲリオン劇場版』絶賛公開中

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に (アニメ映画)の動画を無料視聴する方法

「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」
業界No.1の動画配信サービス「U-NEXT」
フル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間内に解約すれば違約金もありません。
ボタン一つで簡単に解約できます。

【U-NEXTのおすすめポイント】

  • 見放題動画21万本、
    レンタル動画2万本を配信!
    (2021年4月時点)
  • 月額プラン2,189円(税込)が
    31日間無料!
  • 600円分のU-NEXTポイント
    プレゼント!
  • 上記特典を利用することで、
    見放題動画を31日間無料で視聴可能!
  • ポイント作品・レンタル作品は、
    U-NEXTポイントを使って
    視聴できる作品です。
    1ポイント1円(税込)相当として
    利用可能!

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に (アニメ映画)の無料動画まとめ

\詳細をU-NEXT公式サイトでチェック/

/最新の話題作が見放題\

危険!映画やドラマの視聴は公式サイトで!

PandoraやDailymotion等の違法動画サイトを利用して、動画や映画を視聴又はダウンロードすることは、おすすめしません。

違法動画サイトには、クリックしたことでウイルスに感染する広告など、危険な罠が張り巡らされています。
クレジットカード情報や個人情報を抜き取られるなど、多くの方が被害にあっています。

また、個人利用目的であっても、違法アップロードされた動画をダウンロードすると、刑罰が科されます。
「2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)」の処罰が科され、実際逮捕者が出ています。

最終的には自己責任ですが、合法的に無料視聴ができる公式VODサイトをおすすめします。

エヴァンゲリオンのシリーズ

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に (アニメ映画)の内容

【ストーリー】

人為的なサードインパクトに失敗したゼーレはネルフに攻撃を仕掛けてきた。絶望的状況の中、母の存在、自己の存在を確認したアスカが復活、反撃を開始。しかし、初号機に搭乗したシンジの見たモノは、無惨な残骸となったアスカの弐号機だった。

【出演者】

(碇シンジ)
緒方恵美
(綾波レイ)
林原めぐみ
(惣流・アスカ・ラングレー)
宮村優子
(葛城ミサト)
三石琴乃
(碇ゲンドウ)
立木文彦
(冬月コウゾウ)
清川元夢
(赤木リツコ)
山口由里子
(キール・ローレンツ)
麦人
(伊吹マヤ)
長沢美樹
(青葉シゲル)
子安武人

「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」
業界No.1の動画配信サービス「U-NEXT」
フル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間内に解約すれば違約金もありません。
ボタン一つで簡単に解約できます。

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に (アニメ映画)の感想

これまで使徒との闘いから人間との闘いになってネルフが戦場と化すストーリーには驚きました。特にミサトのアクションはかっこよくて、撃たれて亡くなるシーンは衝撃的でした。さらにシンジに大人のキスと言ってキスして送り出す姿は大人の女性という感じで素敵でした。また、一番衝撃的だったのが、バッテリーが無くなった2号機が量産型に一方的に襲われるシーンです。覚醒した1号機に乗ったシンジが無残な姿になった2号機を見て叫ぶシーンがシンジがもたもたしている内にアスカが犠牲となる最悪な結果に後悔している姿が印象的でした。そして、最も印象的だったのが映像の美しさです。覚醒して翼の生えた初号機がかっこよく、量産型によって強制的にサードインパクトを発生させる映像は美しかったです。
30代男性

終盤の巨大な綾波レイに恐怖を感じたのは、私だけではないはずです。当時センセーショナルなアニメだったので、劇場には足を運び「何があったんだ」というくらいショックを受けた作品です。当時学生だったということもあり、あまり学がなかったというせいもあると思いますが、それにしても後半の初号機が拘束されてからの流れが謎でした。量産機がとてもかっこよく、あの翼つきのフィギュアを買い集めたのが懐かしいです。ラストシーン等今でも難解に感じる部分はありますが、今では「大体こういうことを言いたいんだろうな」ということがわかります。全員のATフィールドが消失していくシーンはとても印象的です。それぞれの大切なものの面影を抱きながら、というのが衝撃でした。ハッピーエンドでもバッドエンドでもない、不思議な作品だと思います。
40代女性


エヴァンゲリオンの劇場版はシリアスな展開が続きますが、人類対ネルフ、そしてゼーレとの関係性を作中の細かいところで描かれているので、大人は観ていて様々は憶測を思い浮かべることができて面白いです。また主人公のシンジが全く頑張れる状態でない裏側で、ミサトさんの叱責などは名シーンだと思います。その後のキスシーンも非常に感動しました。また、何よりアスカがエヴァンゲリオン2号機で戦車等を撃退する戦闘シーンは何度見ても飽きることがありません。この戦闘シーンはある種二号機の暴走の類のように捉えることもできるほど、戦闘力が本編アニメとは比較的にならないぐらい上がっているので、その強さのギャップもまた観ていて興奮を覚えました。
30代男性


TVシリーズで描かれなかった部分が補完された劇場版では、TVシリーズでボロボロになったアスカが復活し、敵を次々と倒していくシーンが一番印象に残っています。母親に愛されなかったという長年のトラウマから解放され、母親の存在を感じることで生きる意味を見出したアスカのみなぎる生命力が感じられ、ダイナミックな音楽とともにこちらの気持ちもどんどん高ぶっていきました。母親が自分を見てくれていると確信したアスカにもう怖いものはなく、どんなに不利な状況であろうと絶対に負けないんだという自信が感じられ、生き生きと戦う姿は本当に格好良かったです。人は自信を得ることでこんなにも強くなれ、どんなに苦しい状況からも立ち直ることができるんだと、こちらにも生きる希望を与えてくれるシーンでした。
30代女性


初めて観賞したのは高校生の時。描写はないですがシンジくんの行動がとても衝撃的なスタートを切ります。今まで使徒が敵だったものが、対人間という構図に変わり、ネルフ本部自体が戦場と化する点、2号機とエヴァシリーズとの対決の行末、AIRの時点で映像的にかなり色々と衝撃的なものが多かったと思います。まごころを君に、に変わってからは保管計画が始まるので精神世界的な話が多いと思いますが、なかなか難解な映像が続いたり、実写が入ったり、挙句、最終的にはシンジとアスカしか生き残らない状態でアスカの「気持ち悪い」の一言。もう当時は訳がわからない、と言うのが正直な感想でした。ですが、大人になって見直すと、印象が変わった部分が多くありました。特に、まごころを君に。保管計画が始まってからのキャラクターの掛け合いやセリフ、何よりも終盤でシンジがアスカの首を泣きながら絞めている時アスカがそっとシンジの頬を撫でたところ、何でそもそもシンジがアスカの首を絞めたのか、アイキャッチの英文、「気持ち悪い」というセリフもアスカの複雑な心境を表現していた点。切ない気持ちにもなりました。新劇場版も楽しく拝見していますが、このAIR、まごころを君に、も素晴らしい作品ではないかと思います。一部、映像とセリフが変更されているバージョンもBOXがあるとのこと。そちらもいずれ、見てみたいです。劇中歌、甘き死よ来れ、も素晴らしい曲だと思います。
30代男性


とても迫力のあるバトルシーンがとても印象的でした。人類補完計画を完遂させるためにおこされたサードインパクト。失意の中、エントリープラグで母を感じ正気を取り戻すアスカが弐号機を操縦し奮闘するも虚しく鳥葬のように啄まれる姿、肉片を咥えながら空を飛ぶ量産機、それを見て発狂するシンジには恐怖に似た興奮もおぼえました。サードインパクトにより人類はLCL化し1つになってしまいます。その行く末は依り代になったことにより神のような力をもったシンジに託される。その際のシンジとレイのやり取りも印象的でしたが、一番忘れられないのは初号機に取り込まれた母との別れです。意味深く、ハラハラドキドキしながら一気に見てしまうアニメでとても大好きです。
20代女性


この作品を観て思ったのは、人間と人間の戦い、つまり殺し合いはいつしか全人類の承諾を得ぬまま広がっていき、遂には世界を無に帰してしまうといったメッセージがあるかのように感じました。その理由としては、他の作品であればもっと抽象的に描かれているだろうといった場面があまりにもあっさりとした感じで描かれていたということです。独善的な殺戮といったものをどう捉えればいいのであろうか、そういった疑問を投げかけられているような気がしました。また、キャッチコピーに注目してみても、みんな死んでしまえばいいのに、といった生きることを否定しているかのようなセリフに、いったい何を伝えようとしているのであろうかとも思いました。
20代男性


テレビシリーズのラスト2話が本編とは全くと言っていいほど関係のないストーリーで内容も監督の独り善がりな部分があって放送当時はかなり賛否が分かれたラストでした。テレビシリーズが好評だったこともあって映画化の流れになって行って新たに25話と26話をリメイクするような形で作られましたが、当初はこの映画に関してもその年の春の公開されて完結となるはずが監督のアイディアが膨れ上がり制作が間に合わなくなってしまって夏に続編映画をもう一本作るという事になり多くのファンからブーイングが起こりました。この Air/まごころを、君には前半部分は春に公開されたもを付け足して公開されてその後のストーリーを新作として公開されましたが、公開を長く待たされた割には内容が今一つでまたしても監督の独り善がり様な物語になっていて少し残念でした。
30代男性


最後よくわからないまま終わってしまったテレビシリーズの25、26話を作り直した劇場版。テレビシリーズと同様にとても哲学的な内容でした。もともとエヴァンゲリオンは聖書を元ネタに作られているため、自分の精神部分にグッとくるところがあります。悲しい気持ちになったり、怒りを覚えたり、作品に引き込まれ自分の気持ちが沈みました。初めてこの作品を観た時は、1日中気分が落ち込みました。最初からシンジの自慰のシーンがあったり、シンジの行動は理解できません。しかし、この気持ち悪さがエヴァンゲリオンの良さで、この不思議な世界観が魅力であると思います。それにハマるコアなファンが多く、未だに新作映画が公開されるような長年続く人気作品になったのだと思います。
20代女性


アスカがたった一人でS2機関搭載型のエヴァシリーズに挑んでゆくシーン、エヴァの遠心力をアスカの髪の流れや、エヴァの機体のスローな動きなどで表現していた部分には只々圧巻の一言でした。母親の存在を感じ取ったアスカが圧倒的な強さで次々とエヴァシリーズを破壊していく、それが一転、倒したはずのエヴァシリーズが再び蘇り、アスカの乗ったエヴァ二号機を食い散らすシーンも、残酷でありながら物語にはまり込むマジックと言っても良いと思います。また人類が補完されていくシーンにも、多感な時期に公開当時の映画を見たことにより、映画館でボロボロ泣いた覚えがあります。リリスの白く、ぞっとするまでの美しく巨大な身体がゆっくりと仰け反りながら地球を抱き、人々の魂をその身に取り込んでゆく。行き詰まった人類を完全なる単体へと進化させるその儀式が、ポップな曲調と共に世界中に光る十字架と人々の魂を画面いっぱいに広げながら行われていきます。ひたすらに悲しく哀れで、でもどこかで自らの許しを得ている気がして、年齢を重ねた今でも鮮烈な記憶と共に何度も蘇るほどの衝撃でした。
40代男性


この作品は通称、旧劇場版と呼ばれテレビシリーズの25話の完全版と最終話にあたります。内容的にはテレビシリーズの最終回では主に主人公の内面(精神世界)を描き終わっていましたが、旧劇場版は最終話に現実世界で何が起こっていたのか、を描いたものです。作風と言えばそれまでですがグロテスクな部分が結構あります。また、大前提であるエヴァや使徒に対する知識があった方がより作品を楽しむことが出来る様にになっています。なので、未だ一度もエヴァシリーズを見た事の無い方には是非一度テレビシリーズを見てから見る事をお勧めします。ただ、この作品は内容の詳細に関してあまり大きく公式から語られる事がなく、最終回や本編の解釈は人によって違う部分があり明確な正解がありません。それは、それだけ何度も反芻し楽しむ作品であるとも言えます。
30代女性


物語をきれいにまとめることを放棄してしまったテレビ版の作り直しという側面を持つ通称「旧劇」だが、冒頭からラストまで、やや過激なエログロシーンを織り交ぜたり、実写シーンを取り入れたりする姿勢がとてもアグレッシブで期待を裏切らない。しかも、それが観客であるオタクがアニメに求める自分の欲望を批判的に見せていくことにつながっているのだから、批評的にも優れている。思えば、テレビ版が自壊したのも、オタクの二次創作のテンプレをオリジナルに取り込むというアクロバティックなことをやったためであり、その結果「おめでとう(=おめでたい連中)」という皮肉をぶつけることしかできなかったわけだが、旧劇ではそれをストレートにした「気持ち悪い」という、とても印象に残るフレーズに辿り着いた。苦しみぬいた果てに生まれたまさに「難産」の作品として、とても後に残るものがあります。
40代男性


どう言いますか、芸術に走りすぎてバランスを崩した残りでしょうか。とりあえずの話は締めなけれならないでしょうから、全体の容貌、人類補完計画とやらを果たさなければならないと向かいます。精神的に追い込まれていく主人公の心情と、精神崩壊して立ち直るも崩れ去るサブヒロインと、主要なクリエイターとしてのヒロインが三者三様としてのドラマを出して、それぞれの三位一体と福音の現れが、世界に残されたアダムとイブの主人公とサブヒロインの見せ方で、最後のサブヒロインのセリフが原罪でしょうか。まあ、面倒です。テレビシリーズの中頃までが好きでしたね。孤独な主人公が周りに認められて成長する様子と、主人公が喜びにあふれ、周りに馴染んでゆく様子は素敵でした。同じGAINAXの「ふしぎの海のナディア」が娯楽的だった分、最後になるほど面倒に感じます。個人的には頭が良いと、理想から遠回りする好例だと思います。
20代男性


他社とどう向き合うかというテーマの哲学的作品ですね。シンジの自慰行為から始まるストーリーはエヴァの真骨頂ですね。そこからシンジの承認されたいとという気持ちと承認されるわけないという気持ちが堂々巡りに展開させれるところは見ているこちら側はなんとも言えない心境になります。アニメを全シリーズ見てからの観賞だったので気づく点も多く、この作品を見たあとにアニメを再度見返しました。人間の的は結局人間ということを伝えたかったのか。今のこの社会をみると同感させられる部分が多々ありました。人間は支え合って生きなければならないということをわかっていながらそれを実現出来なく、ミスばかりを起こしてしまいます。とても良い映画でした。
30代男性


アニメシリーズのときからそうでしたが、「セフィロトの樹」や「原罪」といった、調べないと何のことかわからない用語が飛び出してきて混乱しますね。しかし、映像の壮大さは圧倒されました。人類補完計画が始まったときは「おどろおどろしい」という感覚と紙一重ですが、巨大レイも私は聖母マリアのように美しいと感じました。実写シーンや観客席をスクリーンに映す試みは斬新で、メッセージ性が非常に強かったです。また、人々がLCLに還っていくときに流れる曲は、20年以上経った今でもちょっとしたトラウマです。ラストシーンは相変わらず解釈が難しいですが、その解釈を巡ってその後何年も語られていくわけですからエヴァらしいなと感じました。
30代男性

本ページの情報は2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました