ΖガンダムII 恋人たち(アニメ映画)の無料動画をフル視聴する方法

アニメ
映画『機動戦士ZガンダムII A New Translation 恋人たち』予告

機動戦士ΖガンダムII 恋人たち (アニメ映画)の動画を無料視聴する方法

「機動戦士ΖガンダムII 恋人たち」
業界No.1の動画配信サービス「U-NEXT」
フル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間内に解約すれば違約金もありません。
ボタン一つで簡単に解約できます。

【U-NEXTのおすすめポイント】

  • 見放題動画21万本、
    レンタル動画2万本を配信!
    (2021年4月時点)
  • 月額プラン2,189円(税込)が
    31日間無料!
  • 600円分のU-NEXTポイント
    プレゼント!
  • 上記特典を利用することで、
    見放題動画を31日間無料で視聴可能!
  • ポイント作品・レンタル作品は、
    U-NEXTポイントを使って
    視聴できる作品です。
    1ポイント1円(税込)相当として
    利用可能!

機動戦士ΖガンダムII 恋人たち (アニメ映画)の無料動画まとめ

\詳細をU-NEXT公式サイトでチェック/

/最新の話題作が見放題\

危険!映画やドラマの視聴は公式サイトで!

PandoraやDailymotion等の違法動画サイトを利用して、動画や映画を視聴又はダウンロードすることは、おすすめしません。

違法動画サイトには、クリックしたことでウイルスに感染する広告など、危険な罠が張り巡らされています。
クレジットカード情報や個人情報を抜き取られるなど、多くの方が被害にあっています。

また、個人利用目的であっても、違法アップロードされた動画をダウンロードすると、刑罰が科されます。
「2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)」の処罰が科され、実際逮捕者が出ています。

最終的には自己責任ですが、合法的に無料視聴ができる公式VODサイトをおすすめします。

機動戦士ガンダム(宇宙世紀)シリーズ

機動戦士ΖガンダムII 恋人たち (アニメ映画)の内容

【ストーリー】

ティターンズとエゥーゴの対立が続く中、地球に降り立ったカミーユは、フォウという名の不思議な少女と出会う。しかし、彼女はサイコ・ガンダムを操る強化人間だった。束の間の逢瀬の中、心を通わせる2人だったが、やがて戦場で対峙することに…。

【出演者】

(カミーユ・ビダン)
飛田展男
(シャア・アズナブル)
池田秀一
(アムロ・レイ)
古谷徹
(ブライト・ノア)
鈴置洋孝
(フォウ・ムラサメ)
ゆかな
(サラ・ザビアロフ)
池脇千鶴
(ベルトーチカ・イルマ)
川村万梨阿
(エマ・シーン)
岡本麻弥
(レコア・ロンド)
勝生真沙子
(カツ・コバヤシ)
浪川大輔

「機動戦士ΖガンダムII 恋人たち」
業界No.1の動画配信サービス「U-NEXT」
フル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間内に解約すれば違約金もありません。
ボタン一つで簡単に解約できます。

機動戦士ΖガンダムII 恋人たち (アニメ映画)の感想

ガンダムと言えばやはり迫力ある戦闘シーンは外せない。まずは前作の主人公アムロの活躍が目立った対アッシマー戦。7年のブランクを感じさせない無双ぶりがオールドファン歓喜の涙。その後のロザミアのギャプラン撃墜ぶりがやっつけ仕事でストーリー仕立ての強引さを感じさせる。そしてZガンダムの初出場は、味方のガンダムMK-Ⅱが苦戦中に颯爽と登場する。変形MSらしくウエーブライダーでピンチを救ってはBGMも切り替わるナイスなタイミングと、演出はTV版よりも劇場版の方が圧倒的に上であろう。そして最後のガザCによる大量援護のシーンでは、アクシズの頭領ハマーンが白いガザCで現れるなど、劇場ならではのサプライズと見せ場を作った。
40代男性


巨大なサイコガンダムとの戦いがメインで描かれます。動きだす巨体のアクションには興奮しました。マインドコントロールされ、苦しみの中でカミーユに敵対するフォウの残酷な運命には涙しました。ココへ来て若きパイロットのカツ・コバヤシも活躍を見せます。若さにまかせて真っ直ぐな行動をとるカツ少年に爽やかなものを感じました。第三勢力として、ハマーン・カーンを頭にしたネオ・ジオン軍が登場します。女性ながらも圧倒的カリスマ性で多くの者を従えるハマーンの存在感はすごかったです。女性ながら男性に引けをとらない強さをもつ美しいヒロインでした。幼いミネバ・ラオ・ザビに悪しき教育をしたことに怒りを覚えるクワトロの声も印象的なものでした。
30代男性


「恋人たち」とタイトルにあるだけに、美しくも強いヒロインたちが活躍するのが印象的でした。カミーユたちにとっては敵に回るヒロインだったフォウ・ムラサメやサラも魅力的でした。一番の見どころは、香港の街で暴れ、街を焼き払う巨大なサイコガンダムが活躍するシーンです。美しいヒロインのフォウが最強最悪のモビルスーツに乗り込むというギャップには強いインパクトを受けました。心を通わせながらも、悲しい運命の下でカミーユとフォウが戦うシーンは辛い一幕でした。誰であろうが、打たなければ打たれるという概念の下、フォウを殺さないといけないことになります。悲しみにくれる暇なく次の戦場に送り出されるカミーユの怒涛の青春が見える傑作でした。
30代男性


戦いの中で日常を奪われ、両親もなくして孤独な状態になったカミーユの心に光が差すのが、今回登場するヒロインのフォウ・ムラサメでした。戦いの中で友情と恋愛心まで感じ、フォウにやすらぎを見出すカミーユに残酷な運命が襲います。ムラサメ研究所の強化人間プロジェクトの被検体番号4番だった少女がフォウだと判明し、マインドコントロールをうけたフォウが乗り込む巨大モビルスーツサイコガンダムとの激しい戦いが展開します。サイコガンダムの放つ強力なビームの威力が分かるビームの作画がすごくよかったです。あれだけ悲しい目にあってきたカミーユが、愛した女性を討たなければならないという悲しみの追い打ちを食らうシリアス展開から目が離せませんでした。
30代男性


冒頭の宿命のライバルであるアムロとシャアが話しているのが、往年のガンダムファンにはたまりませんでした。しかもアムロが宇宙に上がるのがララァのことを思い出すからとララァについて語っているのも感慨深いものがありました。一方で、ベルトーチカ尻の強引なアプローチにまんざらでもない感じのアムロがちょっとクスッと笑えてよかったです。そして、中盤のカミーユが宇宙に上がるエピソードが印象的でした。カミーユを宇宙に上げるためにフォーがティターンズを裏切りますが、銃口を顔に向けられて身体が空に舞うシーンは衝撃的な亡くなり方で思わずアッと声を上げてしまい、運命的な出会いを経ての意外な別れ方にはガンダム史上最大の悲哀という感じがして感動しました。
30代男性


機動戦士ゼータガンダムの映画三部作の第二弾。第一弾から戦いの舞台は宇宙に変わり、この作品のメインのモビルスーツであるゼータガンダムが登場するシリーズになります。カミーユビダンが、様々な戦いの中でニュータイプとしての力を少しずつ発揮し、ゼータガンダムと共に成長していく姿が描かれます。また、その成長を導くかのようにシャア・アズナブルことクワトロ大尉も存在感を増すことになります。そしてカミーユの心を揺さぶる女性たちとのつながりも思春期の男性の心をよく描いていると思います。第3弾につながるストーリーとして非常に重要な第二弾の内容になっています。モビルスーツの宇宙船は非常に見ごたえがあるアニメーションです
40代男性


今回インパクトがあったのは、フォウ・ムラサメの存在ですね。今までカミーユにはファ・ユィリィという幼馴染の少女がいましたけど、一緒に居過ぎていて女性として認識していないような感じでした。ファの方はカミーユを男性として意識し、そして好意を持ってるのは伝わってきましたけどね。そんなカミーユがフォゥに惹かれていくんです。同年代の、そして美人で今まで出会った事のない不思議な雰囲気を持つ少女は相当魅力的だったんでしょう。しかもそれが強化人間だったというのですから、さらに驚きです。ただ気になったのはザイコガンダムですね。私的にはちょっと残念でした。ガンダムを黒く、そして巨大化させただけというフォルムがイマイチに感じました。名前負けしてるとも感じましたし。こういった不満も一部あるものの、全体的には面白かったです。
40代男性


サブタイトルにも書かれている通り今回の2作目は恋人をメインテーマに据えた物語となっていました。特にカミーユとフォウとの関係性がただニュータイプとして惹かれあっているのではなく別の感情も入り混じっているかのような演出がありました。ただ今回の劇場版の制作にあたりテレビシリーズのあったいくつかのエピソードの内、かなりの数が端折られていて話の流れが唐突と思えるようなシーンがいくつかありました。テレビシリーズを見た事のある物にとっては大体の話の流れはわかっているのですが、この映画で初めてZガンダムを見たという人の中には物語の流れが途切れ途切れとなっていてうまくかみ合っておらず、うまく理解できないのではないかと思いました。
30代男性


リニューアルされた「機動戦士ZガンダムⅡ」では、カミーユとフォウ・ムラサメとの関係が特別だと思いました。戦争と女性がテーマになっている中で、カミーユとフォウが出会い互いに惹かれ合うことから、奇しくも悲劇が始まってしまいます。サブタイトルに「恋人たち」と設定されていますが、それが純粋な意味ではないことが興味深いです。もちろん、今思えばアムロとベルトーチカのエピソードもここに秘められていたと思う一方で、フォウは記憶を奪われて強制的にパイロットにされた強化人間で、その呪縛は壮絶なものでした。見ている側としても、なかなか思い通りに行かない展開にもどかしくなり、そして結末には涙してしまいました。しかしそれでも戦争中の世界は優しくはなく、厳しく、リアルを描けています。この作品ではTV版よりも、天国と地獄の境界を大きく広げたように思えました。
30代男性


Zガンダムの映画シリーズの中でこの作品の特徴はタイトル通り恋人たちの出会いと別れですね。カミーユ・ビダンがニューホンコンでフォウ・ムラサメと出会い、デートをしているうちに惹かれあっていく姿は見ているものにとってカミーユの精神的な成長を感じさせるとても大切な場面です。またこの映画ではカツとサラの恋模様も描かれています。精神的に未熟なふたりのやり取りは見ているものをもどかしく感じさせるかもしれません。そしてこの作品の見所はなんと言ってもハマーン・カーンの登場です。ハマーンはZZにも登場するこの宇宙世紀シリーズの中でもとても重要な人物で年相応ではない落ち着いた振る舞いで多くのファンを持つキャラクターです。このキャラクターの活躍が私にとってこの作品の最大の魅力です。
30代男性


戦闘面で言えばZガンダムに登場するMSは他のガンダム作品と比べて可変MSの割合がかなり高く飛行形態での加速におけるスピード感のある戦いを見られるというのはZガンダムばらではの魅力だと感じました。ストーリー面はこの作品で主人公であるカミーユはホンコンでフォウという女性に出会いこれが運命的な出会いとなって恋仲関係に発展していくことになるが、彼女がティターンズという組織に利用されていることや強化人間であったという事実は希望や理想を持ち異性を求める青春時代のカミーユにとってとても残酷な事実で可哀想でしたね。クライマックスはカミーユたちのいるエゥーゴ、ハマーン・カーンのいるアクシズ、パプテマス・シロッコのいるティターンズがそれぞれの思惑を持って激突し最後まで目を離せない展開で面白かったです。
30代男性

本ページの情報は2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました