ドラゴン桜 シーズン1(ドラマ)の見逃し動画を1話から無料視聴する方法【最終回まで】

ドラマ
[新日曜劇場]『ドラゴン桜』偏差値32 県内有数のバカ学校を救え!! 4/25(日)よる9時スタート【TBS】

ドラゴン桜 シーズン1(ドラマ)の動画を無料視聴する方法

「ドラゴン桜 シーズン1」
TBS系列の動画配信サービス
「Paravi」
第1話から最新話まで全話配信中!

「Paravi」二週間無料です。
無料期間内に解約すれば
違約金もありません。
ボタン一つで簡単に解約できます。

【Paraviのおすすめポイント】

  • 国内ドラマなら動画配信サービス最強クラス!
  • ドラマ以外にも、映画・バラエティ・アニメなど豊富
  • 2週間無料!無料期間中の解約OK!!
  • TBS、テレビ東京、WOWOWなどのテレビ局が運営
  • 動画をスマホにダウンロードしてオフラインで見れる
  • TVでも視聴可能!

ドラゴン桜 シーズン1(ドラマ)の無料動画まとめ

\詳細をParavi公式サイトでチェック/

/最新の話題作が見放題\

危険!映画やドラマの視聴は公式サイトで!

違法動画サイトを利用して、動画や映画を視聴又はダウンロードすることは、おすすめしません。

違法動画サイトには、クリックしたことでウイルスに感染する広告など、危険な罠が張り巡らされています。
クレジットカード情報や個人情報を抜き取られるなど、多くの方が被害にあっています。

また、個人利用目的であっても、違法アップロードされた動画をダウンロードすると、刑罰が科されます。
「2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)」の処罰が科され、実際逮捕者が出ています。

最終的には自己責任ですが、合法的に無料視聴ができる公式VODサイトをおすすめします。

阿部寛の関連作品

第11話 最終回

年が明けて1月、センター試験が始まった。勇介(山下智久)や直美(長澤まさみ)ら特進クラスの生徒たちは、試験問題の想像以上の難しさに苦戦しながら、どうにか初日を無事に終えた。東大合格を目指す特進の6人は、励まし合いながら、試験2日目に臨む。そんな中、くも膜下出血で入院していた直美の母・悠子(美保純)の容体が悪化する。

第10話

母・悠子(美保純)が入院し、直美(長澤まさみ)は東大受験をあきらめると言いだす。桜木(阿部寛)は「分かった」とだけ言って、慰留しなかった。直美に事情を聞いた勇介(山下智久)は、桜木に直美の受験も彼女の実家の小料理屋も何とかすると宣言。真々子(長谷川京子)と勇介らは、交代で店を手伝うが、次第に生徒に疲労の色が目立ち始める。

第9話

勇介(山下智久)は成績が伸びないことに悩んでいた。一方、直美(長澤まさみ)の母・悠子(美保純)が倒れ、病院へ運ばれる。そんな中、桜木(阿部寛)は2学期に入り、生徒の家庭環境が重要になると考え、「受験生を持つ家庭の心得」を講義するため、真々子(ままこ・長谷川京子)に保護者を呼び出させる。桜木は集まった保護者に各家庭の教育方針を尋ねる。

第8話

特進クラスの6人が東大模試を受験した。勇介(山下智久)たちは手ごたえを感じていたが、採点の結果、合格の可能性が5%以下のE判定であることが判明。やる気を失った麻紀(サエコ)らは特進クラスを辞めると言い、教室を出て行く。桜木(阿部寛)は、残った勇介とよしの(新垣結衣)に休養をはさんで、2回目の合宿を行うことを告げる。

第7話

真々子(長谷川京子)は桜木(阿部寛)の指示で、英語から世界史の担当に。桜木は真々子を教壇に立たせるのではなく、生徒と一緒に勉強させることで、全員の世界史の学力アップを図る。そんな中、東大模試を控えた特進クラスにテレビの取材クルーがやって来る。取材を許可した理事長の百合子(野際陽子)に、桜木は生徒の気が散ると激怒する。

第6話

桜木(阿部寛)はフィリピンパブのボーイ・川口(金田明夫)に英語講師を依頼。川口は、英語の曲を踊りながら歌うことで、英語力を身につける授業を行う。生徒に教え方が退屈と指摘された真々子(長谷川京子)は、川口の授業に異を唱える。桜木は、真々子が教える生徒と特進クラスがテストをし、点数が良かった方の教師の指導方針を採用すると宣言。

第5話

桜木(阿部寛)は、真々子(ままこ・長谷川京子)らに再雇用試験を実施。そんな中、英喜(小池徹平)が、一郎(中尾明慶)の弟で、秀明館に通う次郎(水谷百輔)と喫茶店で口論になり、次郎は一郎を殴ってしまう。一郎は弟をかばい転んで負傷したと主張するが、警察は英喜を犯人扱い。拘留で勉強時間が減るのを惜しんだ桜木は英喜に始末書を書かせる。

第4話

合宿も半分が経過。桜木(阿部寛)は、多数の東大合格者を出した元塾経営者・ 柳(品川徹)に特進クラスの数学教師就任を依頼。信条である詰め込み教育を否定され、引退を決めていた柳は、桜木の説得に応じ、授業を受け持つことに。そんな中、よしの(新垣結衣)が、勇介(山下智久)と直美(長澤まさみ)の仲に嫉妬(しっと)し、特進クラスを飛び出す。

第3話

勇介(山下智久)ら特進クラスの生徒が10日間の合宿生活に入る。生徒が勉強を始めたことに危機感を抱いた教師たちは、特訓を妨害するために、桜木(阿部寛)を直美(長澤まさみ)の実家の小料理屋に呼び出す。桜木は、母・悠子(美保純)からバカにされた直美に東大受験を勧め、5日間で生徒全員に数学のテストで満点を取らせると宣言する。

第2話

桜木(阿部寛)は東大受験のための特別進学クラスを創設。一方、再雇用試験が行われることを知った教師たちは、理事長の百合子(野際陽子)に、特進クラスに生徒が集まらなかった場合、桜木の学校からの追放を訴える。そんな中、勇介(山下智久) は、父の借金返済のため、アルバイトを開始。桜木は勇介のバイト先に現れ、特進クラスに入れと執拗に迫る。

第1話

破天荒な弁護士が落ちこぼれ高校の再建を目指す。元暴走族の弁護士・桜木(阿部寛)は、経営難の三流私立校・龍山高校に債権者代理として乗り込む。教師・真々子(長谷川京子)らを前に、学校の解散と教師の解雇を通達。だが、弁護士としての名を上げるため、桜木は解散ではなく、東大合格者を輩出する進学校にする再建案をブチ上げる。

ドラゴン桜 シーズン1(ドラマ)の内容

【ストーリー】

経営難の龍山高校の倒産処理にやってきた三流弁護士・桜木。だが、経営状態を回復させる方が自分の名を上げられると考え、方針を転換する。教師・井野らが疑いの目を向ける中、債権者集会に参加した桜木は、龍山高校の超進学校化による再建を宣言。次の受験で5人、5年後には100人の東大合格者を出すと豪語する。

【出演者】

阿部寛
桜木建二役

長谷川京子
井野真々子役

山下智久
矢島勇介役

長澤まさみ
水野直美役

中尾明慶
奥野一郎役

小池徹平
緒方英喜役

新垣結衣
香坂よしの役

サエコ
小林麻紀役

矢沢心
山本希美役

斉藤洋介
近藤時久役

「ドラゴン桜 シーズン1」
TBS系列の動画配信サービス
「Paravi」
第1話から最新話まで全話配信中!

「Paravi」二週間無料です。
無料期間内に解約すれば
違約金もありません。
ボタン一つで簡単に解約できます。

ドラゴン桜 シーズン1(ドラマ)の感想

このドラマを見て私自身受験シーズンを乗り越えましたし、「勉強」というものが辛いものではなくて楽しいことなのだと意識を変えてくれた私にとって特別な作品です。どうしても受験期は一人になって黙々と勉強を進めていってしまいがちなのですが、誰かと一緒になってアクティビティを交えながら勉強することで違った学び方ができるという面白さが知られて良かったです。主演の阿部寛はもちろん、生徒役の紗栄子、新垣結衣、山下智久、長澤まさみなど豪華すぎるくらい超大物役者の若々しい演技力も絶妙に良くて、バカから成長していく様子がそれぞれ完璧に演じてくれていました。私の弟が現在大学受験期に入っていて猛勉強しなければいけない時期なので、このドラマを見せて勇気を与えたいです。20代女性
このドラマは、阿部寛さん演じる桜木先生の活躍があり、とても感動するドラマでした。桜木先生の熱意ある指導により、生徒が東大受験に関心を持ち受験を決意しているシーンに感銘を受けました。桜木先生は、大学受験以外にも社会に出てから役立つ事について伝えていましたので、とても学びがあるドラマでした。模擬試験などで成績が上がらなくても、ここであきらめるのではなく、何が原因で成績が伸びないのかしっかりと分析していくことの重要性が伝わってきました。これから大学受験、難関試験などを頑張る方には、モチベーションが上がるドラマであり、プラス思考で物事を考えていくことができる点で良かったと思いました。諦めないで努力することで自分自身を変えていきたいと思えてきました。30代男性
ドラゴン桜シリーズ1は2005年まだ私が学生の頃に見ていたドラマです。俳優さんも今では有名な方々が出ていて何年後にみてもとても面白くみれました。特にこのドラマで好きなところは2つあります。1つは学習方法が奇抜で見ていて一緒にやりたくなるような勉強方法を教えてくれるところです。例えば卓球暗算など実際にやったら楽しく勉強出来ると思います。今でもこのドラゴン桜のドラマから『その日覚えた単語を使って日記を書く』は続けています。日記という近しいツールに置き換えて勉強する。非常に楽しく続けられています。さて2つ目の良かったところはこの勉強方法で生徒達が成功したり失敗したりする中で更に人生を学んでいるところが好きです。最後の桜木先生の言葉である入試の正解は一つしかないが人生の正解はいくつもあるという言葉が好きです。このドラマには色々な名言があるのも醍醐味だと思います30代男性
ドラゴン桜は今までにない異色の学園ドラマです。GTOのような軽さはなく、元暴走族でありながら東大卒の弁護士が、落ちこぼれの生徒に東大合格を目標に掲げながら、自分自身が味わってきた生き抜いていく上での現実の厳しさ、葛藤、差別を中身のない優しい言葉ではなく、時折、厳しい言葉で導いていく姿が胸を熱くさせます。また、今では、色んなドラマで主役をつとめる俳優・女優が起用されていて、初々しさを感じます。現在、放送されるドラゴン桜シーズン2は東大受験の中に序盤では桜木建二を取り巻く相関が描かれていますが、比べて、シーズン1は、桜木建二と東大を目指す生徒に焦点が当てられて、また、違ったドラマになっていて見ごたえがあります。40代男性
ドラマ「ドラゴン桜 シリーズ1」について、「型破りな方法で生徒たちに接する桜木」と「家族思いな勇介」が良かったと思いました。まず、型破りな方法で生徒たちに接する桜木についてです。このドラマでは、弁護士ながら教師として高校生たちを指導することになった桜木の様子が描かれます。桜木は、教師という立場に捉われずに1人の人間として時に厳しい言葉を投げかけて、生徒たちを奮起させていきます。桜木が、生徒たちに本音で向き合って心を開かせていくところにワクワクしながら観ていました。次に、家族思いな勇介です。桜木のくr素の生徒である勇介は、貧しい生活を送りながら多額の借金を返そうと家族のために尽くしていきます。勇介が、自分を犠牲にしてでも家族を助けようとするところに感動しながら観ていました。20代女性
ドラマ「ドラゴン桜 シリーズ1」の良かったところは、「覚悟を決めていく生徒たち」と「東大に合格できるのか」です。1つ目は、覚悟を決めていく生徒たちです。このドラマでは、東大合格を目指す生徒たちの様子が描かれます。生徒たちは、最初は勉強が全然できずに東大進学にも興味を持っていませんでしたが、東大に行くことによって自分の将来を変えられる可能性があることに気づき、本気で東大を目指し始めます。生徒たちが、将来に向けて辛い日々を乗り越える決意を固めていくところに勇気づけられながら観ていました。2つ目は、東大に合格できるのかです。生徒たちは、順調に学力を向上させていくものの、自分のやりたいことと東大進学のはざまで揺れ動いていきます。生徒たちが無事に東大に合格できるのか、ドキドキしながら観ていました。20代女性
癖の強い桜木先生と奇想天外な勉強方法がとても面白く、ついつい一気に観てしまう作品です。話のテンポも良く一話ごとに1テーマを解決していく流れなので軽い気持ちで見始められるのに内容は濃く、前向きに生徒たちを応援したくなるような気持ちになります。生徒役の俳優さん達も今や主役級で活躍する方ばかりで、特に長澤まさみさんや新垣結衣さんの初々しい演技がとても可愛らしいです。当時の高校生ってこんな恰好してたよなぁと懐かしくもあります。面白いエピソードが続くなか自然と大筋の受験へ結びつき、最後はとにかく皆受かりますようにと観ているこちらも力が入りました。受験の結果は、合格者もいれば不合格者も。しかしその後の未来へ前向きに繋がるようなラストに観て良かったなぁと思うこと間違いなしです。40代女性
シリーズ2が放送されることを知り、それならばとシリーズ1にあたるこの作品を視聴する運びとなりました。夢というものを見させてもらったように温かな気持ちが体全体を覆い尽くしました。大変恥ずかしい話ではあるけれど、自分自身も頭の出来がお世辞にもよくないため、進学の道はできるだけ考えないように頭から追いやっていました。しかし、あくまでフィクションであると理解していても努力を積み重ねることによって人は奇跡とも呼べる大きなことを成し遂げることが可能になるのだと知って、この上ないほど感激しました。今はまだ状況を鑑みると少しばかり無理な話かもしれないけれど、いつの日か憧れのキャンパスライフを送るべく勉学に身を費やしていけたらいいなと思えて心の底から嬉しさが込み上げてきました。20代女性
誰もが東大合格を無理と思っている中での東大合格を目指すサクセスストーリーが面白かったです。さらに生徒全員が合格するのではなく、合格する生徒や不合格だった生徒もいるなどちゃんとバランスも取られているのもよかったです。特に好きなシーンがラストでした。桜木が不合格だった生徒たちに激怒しながらも実は生徒たちと分かり合っている姿にグッとくるものがあり、さらに東大合格がわかってからの先生たちの手のひらを返した態度で急に東大合格者を大幅に増やそうとする姿にクスッと笑えました。そして、キャストも桜木を演じた阿部寛をはじめ、長谷川京子や山下智久、長澤まさみなど豪華な出演陣も魅力でした。特に紗栄子のギャル姿が可愛かったです。30代男性
生徒全員が東大に合格しなかった点が良かったです。東大合格はそんなに甘くないという東大ブランドの価値が高いまま見ることができました。また、落ちた緒方にも留年になってもやりようがあるという対策も桜木から少しアドバイスされる描写があり、暗くなり過ぎないストーリー展開が安心して見ていられます。そして、奥野兄弟の逆転劇が痛快です。見事自身の努力により東大に受かる兄と落ちて絶望する弟というコントラストが対照的でわかりやすいです。さらに、矢島と水野、香坂が三角関係っぽくなっていくところも勉強から恋愛のスパイスが入り、最後まで飽きずに見られた点だと思います。最後に、矢島の最後の決断がかっこいいです。安定はあり、東大に入学できる権利を得ながらも、それを蹴って弁護士を目指す点が男気があって良かったです。30代女性

“ドラマ「ドラゴン桜」を観て、「問題児たちが抱える背景」と「心を通じ合わせる桜木と生徒たち」が良かったと思いました。まず、問題児たちが抱える背景についてです。このドラマでは、弁護士でありながら高校教師となった桜木の様子が描かれます。桜木が担任を務めることになったクラスの生徒たちは、いずれも問題児として教師たちの世話を焼かせていますが、実はそれぞれ両親や兄弟たちとの間に問題を抱えていました。問題児たちが密かに抱える背景を知り、どうにか状況を改善してほしいと願いながら観ていました。次に、心を通じ合わせる桜木と生徒たちについてです。桜木は、担任になった当初は生徒たちに反発されていましたが、生徒たちに真摯に向き合い続けることで少しずつ信頼を得ていきます。だんだんと絆を強めていく桜木と生徒たちを、微笑ましく思いながら観ていました。20代女性”

“元暴走族で冴えない弁護士役の桜木の役が阿部寛さんにぴったりな感じて楽しみに視聴していました。自分が生活するために高校を再建するのに5名の東大合格の難題を掲げました。落ちこぼればかりの生徒をその気にさせるのにあらゆる手段を使います。自分もエリートでなかった桜木だからこそ生徒の心のウチがわかるのだと思います。集まった生徒役のメンバーは今をときめく俳優、女優ばかりでその当時の青春真っ只中の姿がとても新鮮でエネルギッシュでした。個人が受験に向かっていると言うよりスポーツの団体競技に一致団結して戦っている感じがして一体感があり力をもらえました。直美の母親が病気で2次試験が受けられないというストーリーにとても驚きましたがその後も勉強を続けると言った直美の成長にとても感動しました。50代女性”

ブスと馬鹿は東大に行け!高校の落ちこぼれ達を、阿部寛さんの気迫溢れる言葉で、導き始めるシーンが良かったです。人生の逆転劇、どこかで勝負して勝たなければ、いつまでも現状を変えられない。その代表的な意味で、東大合格を成し遂げるサクセスストーリーは、高校生の家庭の事情も織り交ぜながら、テンポ良い展開が心地良い感じでした。普通の勉強方法ではなく、独自の習得方法も楽しめました。当たり前にやったのでは、逆転できない。ポイントを抑えながらも、頭だけでなく体で習得していく方法は、本当に活かせそうな気にさせてくれて、夢がもてました。東大に全員が合格出来なかったのも、現実感があって良かったです。しかし、その努力は無駄ではない!身につけた知識は、必ず役に立つ、希望を与えてくれる良いドラマで大好きです。50代男性

“阿部寛さん演じる桜木の言葉に感動しました。ラストは残念ながら全員合格とはなりませんでしたが、桜木の言葉で感動的なものになっていたように思います。桜木は入学試験では正解にたどり着けなかったら不合格だが、人生はそうではないと諭します。「人生には、正解はいくつもある。大学に進学するのも正解。行かないのも正解だ」「生きることに臆病になるな!」と言う桜木に励まされました。そして前を向いて生きようと思えてきました。まさにこの作品の名言です。人生についての名言には誰もが感動するでしょう。ぜひ最後まで見届けて、名言を胸に刻んで欲しいです。人生に迷っている人、何らかの不安を抱えている人は前に進む勇気をもらえるはずです。30代女性”

かなり前の作品ですが、とても面白く印象深かったのを覚えています。偏差値の低い落ちこぼれの学生たちが東大を目指すというドラマで、いろいろな方法でだんだん成績が上がっていく姿に見入りました。もしかして自分もやり方次第では成績が上がったんでは…学校にこんな先生がいたらよかったな~こんな先生に出会いたかった?と思わせる作品でした。マンガが原作のドラマは面白いです!キャストもとてもよくて、阿部寛の先生はハマっていたし、生徒の山下智久、長澤まさみ、紗栄子など、とても豪華なメンバーでした。ドラマを見終わってあまりに面白くてマンガ本を購入しました。4月からまた新しいもので放送があるようなのでとても楽しみにしているところです。50代女性

落ちこぼれの高校生が東大の現役合格を目指すという受験ドラマであり学園ドラマでもあり、勉強だけでなく青春を感じるような恋愛部分も描かれていて楽しみながら見ることができました。阿部寛さん演じる桜木が生徒達に言うセリフが全て直球で、一見乱暴なように聞こえるものが多いのですが、言葉の意味や内容はどれも納得できるものばかりで説得力があり、勉強をしていく中で桜木と最初は嫌悪感を示していた生徒達との距離が少しずつ縮まっていく様子を見守っていくのがとても良く、見ていて面白かったです。実際に勉強をする上で役立つようなコツや知識が紹介されるので学生が見るとタメになりますし、大人に刺さるようなセリフも多いので見ると元気になります。30代女性

本ページの情報は2021年5月時点のものです。

最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました