閃光のハサウェイ(アニメ映画)の無料動画をフル視聴する方法

アニメ
『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』予告2

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(アニメ映画)の冒頭動画を無料視聴する方法

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」
業界No.1の動画配信サービス「U-NEXT」
冒頭15分53秒(Aパート)を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間内に解約すれば
違約金もありません。
ボタン一つで簡単に解約できます。

【U-NEXTのおすすめポイント】

  • 見放題動画21万本、
    レンタル動画2万本を配信!
    (2021年4月時点)
  • 月額プラン2,189円(税込)が
    31日間無料!
  • 600円分のU-NEXTポイント
    プレゼント!
  • 上記特典を利用することで、
    見放題動画を31日間無料で視聴可能!
  • ポイント作品・レンタル作品は、
    U-NEXTポイントを使って
    視聴できる作品です。
    1ポイント1円(税込)相当として
    利用可能!

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(アニメ映画)の無料動画まとめ

\詳細をU-NEXT公式サイトでチェック/

/最新の話題作を配信中\

危険!映画やドラマの視聴は公式サイトで!

PandoraやDailymotion等の違法動画サイトを利用して、動画や映画を視聴又はダウンロードすることは、おすすめしません。

違法動画サイトには、クリックしたことでウイルスに感染する広告など、危険な罠が張り巡らされています。
クレジットカード情報や個人情報を抜き取られるなど、多くの方が被害にあっています。

また、個人利用目的であっても、違法アップロードされた動画をダウンロードすると、刑罰が科されます。
「2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)」の処罰が科され、実際逮捕者が出ています。

最終的には自己責任ですが、合法的に無料視聴ができる公式VODサイトをおすすめします。

機動戦士ガンダム(宇宙世紀)シリーズ

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(アニメ映画)の内容

【ストーリー】

U.C.0105、第二次ネオ・ジオン戦争(シャアの反乱)から12年。地球連邦政府の腐敗は地球の汚染を加速させ、非人道的な政策も行っていた。反地球連邦政府運動「マフティー」のリーダーを務めるのは、連邦軍大佐ブライト・ノアの息子「ハサウェイ」であった。

【出演者】

(ハサウェイ・ノア(マフティー・ナビーユ・エリン))
小野賢章
(ギギ・アンダルシア)
上田麗奈
(ケネス・スレッグ)
諏訪部順一
(レーン・エイム)
斉藤壮馬
(ガウマン・ノビル)
津田健次郎
(エメラルダ・ズービン)
石川由依
(レイモンド・ケイン)
落合福嗣
(イラム・マサム)
武内駿輔
(ミヘッシャ・ヘンス)
松岡美里
(ミツダ・ケンジ)
沢城千春

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」
業界No.1の動画配信サービス「U-NEXT」
冒頭15分53秒(Aパート)を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間内に解約すれば
違約金もありません。
ボタン一つで簡単に解約できます。

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(アニメ映画)の感想

ガンダムシリーズと言えば、やはり初代の機動戦士ガンダムの魅力は大きいと思います。そんな機動戦士ガンダムのスピンオフのような作品となっているのが今作であり、今までに見たことがないストーリーが展開されていきます。また、従来の機動戦士ガンダムとは違う魅力的なキャラクターが多数登場する点は1つの特徴であり、注目できるポイントだと思うのです。昔の作品と比べると、今は作画もかなり綺麗な状態になっていますから、キャラクターのビジュアル面の魅力も引き立つのではないか?と思っています。ただ、この作品においてはストーリーがどうなっているのか?という点は特に楽しみなポイントと言え、結末まで予想できない部分に期待をしたいです。30代男性
予告編を2本と本編冒頭15分を視聴した限り、閃光のハサウェイには期待しかないです。圧倒的な映像美とサウンドで各々のキャラクターの台詞に説得力と個性があり、どういう風に絡み合っていくのか楽しみです。逆襲のシャアから長い年月を経て、勇ましくなったハサウェイが新たなガンダム伝説を作るのかと思うと感慨深いです。ただ、結末を知っているだけにどうしても見たいようで見たくないという複雑な感情もあり、三部作の最後まで映画館に通えるのか心配です。そして何と言ってもガンダムの代名詞と言ってもいいアムロの登場です。予告編にアムロの声が聞こえたときはガンダムファンは熱狂したことだと思います。原作には出番がないはずのアムロがどのような形で映画に出てくるのか、その点も楽しみです。40代男性
あの「逆襲のシャア」のその後を描いた作品だというのは知っていましたが、原作小説を読んだ事は無かったので今回の映画化はとても楽しみにしていました。どうもハサウェイが反体制側に回ってガンダムで戦うらしく、「どうしてそうなった!?」と前から不思議だったんですよね。ブライトの息子で、言ってみれば脇役だったハサウェイがどのような経緯でガンダムに乗り、反政府組織のリーダーとなっていくのかを早く見届けたいですね。劇場版という事で戦闘シーンは勿論のこと、それ以外の日常シーンも豪華な画面作りになっていそうなのが先行公開された映画冒頭映像からも伝わってきました。このクオリティで前後編か三部作の大ボリュームとなっているので期待もさらに高まります。30代男性
ガンダムのゲームでは度々登場する「Ξ」と「ペーネロペー」が劇場版クオリティで描かれるという事でとても期待しています。お話の方はあまり知らないのですが、この2体のガンダムだけはあちこちで目にするので印象に残っているんですよね。どちらもガンダムとしてはかなり巨大で、見た目もスッキリした人型ではなくてドラゴンのようなゴツさがあるデザインでしたので。なんとなく主人公が乗って戦うようなヒロイックさが薄いと思っていました。そこにはいったいどういう意味が込められているのかも映画を見れば分かりそうなので、上映がとても楽しみです。ガンダムみたいな複雑なデザインのものは普通のテレビアニメだと大変過ぎて描きにくいという話を聞きますが、映画ならばきっとこだわりを追求したハイクオリティの戦闘シーンになっているでしょうし、あの2体の異形のガンダム同士がどんな戦いを見せてくれるのかとワクワクしています。30代男性
映画館で機動戦士ガンダムNTの本編が終わった後に機動戦士ガンダム閃光のハサウェイのトレーラーが流れてきて、「やっと観られるんだ、30年待ったなー」と心躍りましたが1度目の公開延期の時はまだ作品が完成できていなかったので、仕方ないなと思っていました。元々原作小説を買って読んでいたので、機動戦士ガンダムUCでグスタフ・カールやファンネルミサイルが登場した時に「閃光のハサウェイの映像化が近づいてきた」と思いました。映像化不可能と言われた小説をやるんだからと待っていましたが2020年7月の公開がまた延期になった際は「東京で映画公開できないとまた延期になるんだ」と思いました。2021年5月の公開が日本政府の対応のせいで3回目の延期となり、全国一斉公開のシステムが残念だわーとキレてますね。4度目の延期もありえるので、いい加減にして欲しいですね。主題歌はお気に入りです。30代男性
ガンダムの古いシリーズからの登場人物を新しい時代になってふたたび掘り起こす期待のプロジェクトになっていると思います。ブライトの息子であり、Zガンダムに登場した時にはまだ赤ん坊だった彼が、どういった少年に育っているのかとても楽しです。アムロやブライトなど、先輩の軍人たちと関わる点もみたいです。特に、ブライトとの親子での関わりがみてみたいです。優秀な軍人だったブライトが、家庭で父をする時にはどんな顔、どんな態度を見せるのか見てみたいです。共感できる音の考えをブライトから得られるとよいと思います。ハサウェイが少年として戦場になにを感じ、何を見るのかという深いドラマ性が見えると良いです。ガンダムはメッセージ性の深いものなので、ハサウェイを通してどんなメッセージが感じられるのかにも期待します。30代男性
ハサウェイはどんなガンダムに乗るのかという点に注目したいです。今作からの格好良い新機体が登場することも楽しみにしたいです。ガンダムのメカデザインには圧巻のものがあるので。美しい造形が楽しめると良いです。過去シリーズに登場したハサウェイはまだ幼く、人格形成もしっかり出来ていない段階でした。大きくなったハサウェイがどんなことを思い、どんなことを行う男に育ったのかという成長面にも期待できるものがあります。ブライトとミライの夫婦の下でどのように成長したのかが知れると旧作ファンには新しい楽しみができて良いと思います。父としてのブライトがどんな感じかがよく見える展開があるとよいと思います。戦闘シーンの迫力がどんなものかも楽しみです。30代男性
今回のこのガンダムは何年か前にあったまるで何かの変な恋愛ドラマの出来損ないのようなアナザーガンダムとは違う、宇宙世紀のガンダムということである程度は期待している。また、今回の主人公がファーストから出ているブライトさんの息子ということで、これでファーストから続く歴史に正真正銘幕を閉じることになるのかと思うとなんだか感慨深いところもある。ただ、以前発表されたユニコーンガンダムでは最後のほうで何でもありのような感じになってしまった感があるので、今回それだけはないように気を付けてもらいたいところである。ほかにもモビルスーツの進化がもはや行きつくところまで行ってしまっているような感じを小説版を読んだ際に感じたことがあったが、これはまあある程度はやむを得ないといったところであろうか。個人的には今回のガンダムがファーストから続く系譜の終着点という印象を持っているのでそれにふさわしい最期が表現されていることを期待したい。40代男性
「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」について、「ハサウェイの逆襲」と「戦争の残酷さ」を期待しています。まず、ハサウェイの逆襲についてです。このアニメでは、地球内外で戦争が繰り広げられる世界の様子が描かれます。ハサウェイは、植物監視官として活躍するために勉強を積み重ねながら表向きは政府に忠実に生きていますが、実は国を変えるために政府を失脚させようとしています。ハサウェイが、政府の人々に容赦なく制裁を下していくところを期待しています。次に、戦争の残酷さについてです。物語の中では、日常生活ままならないほど多くの戦争が行われます。戦争によって大勢の命が奪われるなどの悲惨さが、リアルに描かれることを期待しています。20代女性
「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の期待しているところは、「ギギの純粋さ」と「アムロ・レイはどのような影響を与えるのか」です。1つ目は、ギギの純粋さです。このアニメでは、大勢の人々の命が政府によって犠牲になっていく世界で生きる人々の様子が描かれます。少女のギギは、素性不明で類まれな美しさを持っていて一見信用できない雰囲気を持ちますが、子どもらしい等身大の部分を持ち、世界を変えようと動きを進めていきます。ギギの大人びた見た目とは違う正義感溢れるところが見られることを期待しています。2つ目は、アムロ・レイはどのような影響を与えるのかです。物語の中では、かつて地球を救った英雄として語り継がれるアムロ・レイも登場します。亡くなったはずのアムロ・レイがどのように登場するのかを期待しています。20代女性
宇宙世紀を紡ぐガンダムシリーズとしては正しく正統派な作品だと思います。一年戦争から逆襲のシャアを経てこの作品へ。特に逆襲のシャアの中でも存在感を表していたハサウェイノアがどのような成長を遂げて、宇宙世紀、そして地球との関係を考えていくのかが見ものです。その中でアムロレイやシャアアズナヴールといった自分自身に影響を与えたニュータイプの考え方はどう引き継いでいるのかが気になります。この作品からさらに宇宙世紀が続いていくことを考えると分岐点になる作品としても注目されるのではないかと思います。もちろんモビルスーツがどのように扱われるのか、ニュータイプの存在がどのようにモビルスーツと関わっていくのかもこの作品の中で見ものだと思います。40代男性
ファーストガンダムものとしては主人公の家系ではなく、アムロの上司であったブライト・ノアの息子であるハサウェイ・ノアが、ということで、まさかの先の大戦の英雄の息子が地球連邦政府に反旗を翻す、といった内容であり、基本的に地球側ではないっというのが個人的にはグッドな部分です。ブライトさんが個人的に私としてはファーストガンダムの中で好きなタイプのキャラクターでしたからその息子が活躍するというだけでも良さそうです。地球連邦側ではないというところもなんとなく反骨精神が溢れる感じに育ってくれるというのが良さそうです。キャラクター造詣的にも好きになれそうなキャラであり、成熟したキャラというよりは成長していくのが楽しめそうです。30代女性
元々ガンダムシリーズ、特にいわゆる宇宙世紀に連なるアニメ作品はほとんど見ており、かなり期待しています。本作はそもそもは作中の時系列的に1988年の映画『逆襲のシャア』に続くものであり、原作小説も同映画が公開された翌年あたりに発表されたものだったと思います。ブライトの息子であり『逆襲のシャア』においてニュータイプ少女として重要な役割を果たすクェス・パラヤと心を通わせたハサウェイが本作では主人公となり、なんとテロリスト組織の首魁になるのだとか。原作は未読ですが、映画版はネット上で冒頭の15分間が無料公開されており、視聴しました。さすが『逆襲のシャア』から30年も経っているだけあってCGと融合した現代的なアニメのクオリティ。アクションの出来も良く、ギギやケネスなどの主要キャラクターたちも魅力的でした。公開が楽しみです。30代男性
熱烈なガンダムファンです!ガンダムといっても様々なシリーズがあり、個々の良さ、おもしろさはありますが、やはり初代ガンダムの流れを汲むストーリーが一番ワクワクします。そして遂に「閃光のハサウェイ」が映像化されたことに大きな喜びを感じております。予告編の映像を見ましたが、映像のキレイさ、モビルスーツのスピード・迫力といったものは、過去の映像と比べ物にならないことはいうまでもありません。何よりも主人公ハサウェイ・ノア。ブライトとミライの子どもとして幾度となくガンダムシリーズに登場し、その成長を伺えました。Zガンダム時代にカミーユと一緒に宇宙へ上がったこと、これが彼の転機だったのでしょう。シャアの反乱の際には戦場に飛び出し、愛する女性を目の前で失う悲しみを味わい、彼の中で何かが変わっていくのを見ました。その彼が、初代ガムダムの主軸であるアムロとシャア、二人の歴史とともに成長し、最後は「マフティー」として戦場に立つ。これだけでもワクワクしないわけがありません。実は私、間もなく50代に突入するのですが、学生時代(高校生?)に小説版でこの物語を読んでおります。その壮絶な終わり方に(映像化されるのかどうか、どのように描写されるのかわかりませんが)いまだに心奪われているひとりです。描かれているのであれば、ブライトと「マフティー」、いや、父と子の場面を、固唾をのんで見守りたいと思います。40代男性
ガンダムの生みの親とも言える富野監督の小説の映画化ということでそれだけでも新しいガンダムに関する解釈とか物語というところでそれが映像化されるというのは嬉しいところです。三部作構成ということらしいので一回だけでなく長くまだまだ富野ガンダムを楽しむことができるというのはファンとしてはそれだけでかなり嬉しいことですし期待できるということでもあるのでしょう。特に監督のコメントである若い人が新しいシリーズを作っていく中でその解釈を出してくれるというのが期待できるポイント。映像もかなり綺麗です。声優もぴったりですし、かなり安定した面白さ、ガンダム感を味わうことができるようになるでしょうから、期待できます。30代女性

本ページの情報は2021年5月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました