図書館戦争(実写映画)の無料動画をフル視聴する方法

映画
【予告編#1】図書館戦争 (2013) – 岡田准一,榮倉奈々,田中圭

図書館戦争(実写映画)の動画を無料視聴する方法

「図書館戦争」
TBS系列の動画配信サービス
「Paravi」
フル動画を配信中!

「Paravi」二週間無料です。
無料期間内に解約すれば
違約金もありません。
ボタン一つで簡単に解約できます。

【Paraviのおすすめポイント】

  • 国内ドラマなら動画配信サービス最強クラス!
  • ドラマ以外にも、映画・バラエティ・アニメなど豊富
  • 2週間無料!無料期間中の解約OK!!
  • TBS、テレビ東京、WOWOWなどのテレビ局が運営
  • 動画をスマホにダウンロードしてオフラインで見れる
  • TVでも視聴可能!

図書館戦争(実写映画)の無料動画まとめ

\詳細をParavi公式サイトでチェック/

/最新の話題作を配信中\

危険!映画やドラマの視聴は公式サイトで!

違法動画サイトを利用して、動画や映画を視聴又はダウンロードすることは、おすすめしません。

違法動画サイトには、クリックしたことでウイルスに感染する広告など、危険な罠が張り巡らされています。
クレジットカード情報や個人情報を抜き取られるなど、多くの方が被害にあっています。

また、個人利用目的であっても、違法アップロードされた動画をダウンロードすると、刑罰が科されます。
「2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)」の処罰が科され、実際逮捕者が出ています。

最終的には自己責任ですが、合法的に無料視聴ができる公式VODサイトをおすすめします。

図書館戦争(実写映画)の内容

【ストーリー】

有川浩のベストセラー小説を榮倉奈々と岡田准一主演で映画化。国家によるメディアの検閲が正当化された正化31年。高校時代に図書隊に救われ、強い憧れを抱いて図書隊に入った女性。だが、救ってくれた隊員は鬼教官で、彼の厳しい指導で成長する。そして、彼女は図書特殊部隊(ライブラリータスクフォース)に配属される。

【出演者】

岡田准一
堂上篤役

榮倉奈々
笠原郁役

田中圭
小牧幹久役

福士蒼汰
手塚光役

石坂浩二
仁科巌役

栗山千明
柴崎麻子役

西田尚美
折口マキ役

嶋田久作
平賀警部補役

橋本じゅん
玄田竜助役

鈴木一真
武山健次役

「図書館戦争」
TBS系列の動画配信サービス
「Paravi」
フル動画を配信中!

「Paravi」二週間無料です。
無料期間内に解約すれば
違約金もありません。
ボタン一つで簡単に解約できます。

図書館戦争(実写映画)の感想

ストーリー全体的にとてもテンポ良く進んでいったので、最初から最後まで飽きずにずっと楽しんで見ることができました。とにかく岡田准一のアクションシーンに迫力があって、見ていてずっとテンションが上がっていました。あまりにもかっこいいので彼に対する好感度も大分上がりました。堂上と郁の恋愛模様が原作を読んでいる時から好きだったもですが、この実写映画でもそこがしっかりと描かれていて大満足でした。特に頭をポンポンするシーンは実写映画なれではのキュンキュンを与えてくれましたし、見ていてかなりドキドキしました。実写化作品の中には失敗してしまっているものも多いと思うのですが、図書館戦争ではそれを感じさせられず、心から楽しめたので良かったです。20代女性
この作品の原作である有川浩さんの名著を映像という形で素晴らしいものに仕上げたことに胸が熱くなりました。有川浩さんが作り上げた最高の世界観を映像として鮮明に浮かび上がらせて、原作ファンも納得せざるをえない原作を重視した徹底した作り込みが本当に好きでしかなかったです。こんなにも作り手のこだわりや並々ならぬ熱い思いがありありと感じられる作品に出会えたことが嬉しくて誇らしい気持ちでいっぱいになりました。個人的には、目の神経や耳の神経のどちらかでも機能している人全てにこの作品をおすすめしたいと心から思うことができました。誰であってもこの作品が醸し出す唯一無二の世界観に引きずり込まれて抜け出せなくなるに違いないとなんとも喜ばしい確信が芽生えました。20代女性
実写映画「図書館戦争」について、「郁の成長」と「自由を守れるのか」が良かったと思いました。まず、郁の成長についてです。この映画では、検閲から書物を守る図書隊員たちの様子が描かれます。図書隊員の郁は、新人で失敗を繰り返しつつも図書隊員として一人前になろうと任務を通して奮闘していきます。郁が一歩一歩図書隊員として進もうとするところに励まされながら観ていました。次に、自由を守れるのかについてです。図書隊員たちは、検閲を行う人々と身体を張った激しい戦いを繰り広げていきます。強敵たちとの戦いに打ち勝って図書隊員たちが書物を守り抜けるのか、また図書隊員たち自身は無事でいられるのか、ハラハラしながら観ていました。20代女性
岡田准一さんの目を見張るほどの圧巻の演技力に幾度となく胸は高鳴り、自分の全身から鳥肌が立っていくような感覚を抱きました。これほどまでに演技力が高いとなると、周りのキャスト陣の方はさぞかし脅威を感じていたのではないかと思いました。セリフをそのまま言っていると言うより、まるで演じている役が岡田准一さんの体にぴったりと憑依しているのではないかと思わせました。目の動きであったり、表情1つにしても演じているといった雰囲気ではなくて、あくまで一人の人間が生きている様をありのまま映しているかのような気になりました。そう感じさせることができるのは、やはり計り知れないほどの気が遠くなるくらいの凄まじい努力や生来から備わっているであろう天賦的な才能によるものなのだと実感しました。20代女性
岡田准一さんのアクションが派手でハードな動きですごいなと思いました。最近のマッチョ化する前なので体が軽いのかな。堂上と郁の恋愛が原作と同様に描かれていて、テントで頭を拭いてあげるシーンや、頭をポンポンとするシーンは印象的で良かったです。配役がピッタリなのと映像の世界観が原作と同じように感じられたので見ていて入り込めました。正義は時には悪になってしまうこともある。よかれと思ってしたことが時には悪影響を与えてしまうこともある。特に今のネット社会では容易に起こりうることではないかと思います。言論の自由と自分の発した言葉が与える影響(武器みたいになってしまうこと)の両方を意識しておく必要があるのだと感じました。40代男性
岡田と榮倉のコンビ度は人気最高でしたので期待して観ました。しかし、面白いことにプロデューサーの辻本はこのコンビが人気最高であったということなど全く知らないでオファーしたと言いますから、やはり彼らのコンビのマッチング度は側から見ても良いオーラを出していたのでしょうか。設定としてはありえない話ですが図書館の権利と自由を守るために戦う岡田と榮倉の激しい戦闘シーンはものすごく迫力がありました。特に岡田のキレッキレの動きはリスペクトするくらいすごいです。そして榮倉は高校生の時に助けてくれた「王子様」が自分の先輩であることに気づいていきます。彼女のその素敵な初恋のような感覚はとてもピュアでキュンキュンします。60代以上男性
原作を読んだ時、堂上教官役は岡田准一がぴったりだと思っていたので、期待しながら見たら、期待以上でした。そもそも骨太なメッセージ性のあるストーリーに加えて、むずキュン要素の全部のせ。「憧れの王子(図書隊員)」を追いかけて図書隊員を目指す郁とそれを全否定する堂上教官。オチがわかっていても楽しいあたりです。「熊ゴロシ笠原」伝説誕生のエピソードは大爆笑です!(元祖熊ゴロシは堂上…タスクフォース楽しい部隊だ)見せ場の一つはラスボス(味方ですが)を演じた石坂浩二。穏やかな老紳士では終わらないのがすごい。仁科司令というオリジナルの人物というのもすごくいい。この役(稲嶺司令)は児玉清さんが演じるべき役だったから、と故人に敬意を払ったエピソードが本当に胸を打ちます。本を読むすべての人へ、硬軟取り混ぜた最高の映画の一つです。40代女性
有川浩の小説を徒花スクモがイラストにした漫画が原作で、SFやミリタリー要素もありつつ恋愛もあり、どの世代の方にも楽しんで頂ける作品です。主演は岡田准一(鬼教官・堂上篤)と榮倉奈々(新米隊員・笠原郁)で、武力により本の検閲を厳しくしてくるのに対し『図書館隊 』が本の自由を守るため図書館を舞台に戦う物語です。図書館隊が命をかけて戦う姿はとてもかっこよく、憧れです。銃などで撃ち合う戦闘シーンも多々ありますが、恋愛シーンも見所です。堂上教官と笠原郁の掛け合いはとても面白く、可愛いです。2人のツンツンしながらもちゃんとお互いに惹かれあっていく模様に注目です!また、この作品は次作である『 図書館戦争-THE LAST MISSION-』があります。こちらも感動あり恋愛ありのドキドキする映画となっておりますので、是非友達や恋人と見てみてください!10代女性
図書館と戦争というミスマッチな題名から興味をそそられてさらにあまり題材にされることのない図書館を中心にはじまる物語に完全に心を持っていかれました。アクションシーンがあり、その迫力も十分なのでアクション好きの方にはとにかく惹きつけられる作品だと思います。様々な場面に伏線が散りばめられているため、多くの方に愛される作品だと思います。さらに、一度だけでなく何度も見ることによって「なるほど」と繋がるときの快感は何度も観たいという意欲を掻き立てられます。内容、アクション共に素晴らしい映画なのでぜひもっと多くの方に見ていただきたいです。考えさせられることがたくさんあるのでお子様にもぜひ見ていただきたいと思います。20代女性
言論の自由・表現の自由を守るため、国家機関と対立する図書館の特殊部隊を描いています。主人公の笠原郁は高校生のころ、本屋で図書特殊部隊の隊員に助けられたことから、「王子様」と憧れ特殊部隊へと入隊します。ハキハキとして男にも負けない笠原ですが、王子様のことになると乙女になって悶えている姿がとても可愛いです。王子様こと笠原の上司である、堂上篤は笠原を危険にさらさないよう、人一倍厳しく訓練を行います。笠原は堂上の横暴さや厳しさに向かい、常にまっすぐ前を見続ける姿勢がとてもかっこいいです。堂上の同期の小牧や笠原の同期柴崎・手塚にフォローされたり、認め合ったりしながら成長していく点がとてもかっこいいと思います。バトルシーンが好きな方には、バトルもありますのでおすすめです。20代女性

本ページの情報は2021年5月時点のものです。

最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました