おかえりモネ(朝ドラ)の見逃し動画を1話から視聴する方法【最新話まで】

ドラマ

「おかえりモネ」
業界No.1の動画配信サービス
「U-NEXT」
第1話から最新話まで全話配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間内に解約すれば
違約金もありません。
ボタン一つで簡単に解約できます。

おかえりモネ(朝ドラ)の動画を視聴する方法

【U-NEXTのおすすめポイント】

  • 見放題動画21万本、
    レンタル動画2万本を配信!
    (2021年4月時点)
  • 月額プラン2,189円(税込)が
    31日間無料!
  • 600円分のU-NEXTポイント
    プレゼント!
  • 上記特典を利用することで、
    見放題動画を31日間無料で視聴可能!
  • ポイント作品・レンタル作品は、
    U-NEXTポイントを使って
    視聴できる作品です。
    1ポイント1円(税込)相当として
    利用可能!

おかえりモネ(朝ドラ)の動画まとめ

\詳細をU-NEXT公式サイトでチェック/

/最新の話題作を配信中\

危険!映画やドラマの視聴は公式サイトで!

PandoraやDailymotion等の違法動画サイトを利用して、動画や映画を視聴又はダウンロードすることは、おすすめしません。

違法動画サイトには、クリックしたことでウイルスに感染する広告など、危険な罠が張り巡らされています。
クレジットカード情報や個人情報を抜き取られるなど、多くの方が被害にあっています。

また、個人利用目的であっても、違法アップロードされた動画をダウンロードすると、刑罰が科されます。
「2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)」の処罰が科され、実際逮捕者が出ています。

最終的には自己責任ですが、合法的に無料視聴ができる公式VODサイトをおすすめします。

第3話 「天気予報って未来がわかる?」

東京から人気気象キャスターの朝岡(西島秀俊)がやってきて町は大騒ぎに。石ノ森章太郎のファンで、原画展を見に登米を訪れたという朝岡だったが、それだけではなく、実はサヤカ(夏木マリ)とある縁があった。朝岡の歓迎会で周囲が大いに盛り上がる中、百音(清原果耶)は、しっかりと将来を考えている妹や、診療所の若手医師・菅波(坂口健太郎)に対して、引け目を感じて、思い悩んでいた。

第2話 「天気予報って未来がわかる?」

百音(清原果耶)は、サヤカ(夏木マリ)の山の樹齢300年のヒバの木の存在を知って、心を揺さぶられる。森林組合の課長の翔洋(浜野謙太)は週末に登米の伝統の能の定例会を控えて、そわそわしていた。百音は、能舞台を見学に行き、サヤカと川久保(でんでん)が、ヒバの伐採について話し合っているのを目撃する。その夜、百音の妹・未知(蒔田彩珠)の水産高校での取り組みのニュースを見て、百音は妹をまぶしく感じる。

第1話 「天気予報って未来がわかる?」

2014年春、宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った永浦百音(清原果耶)は、高校卒業を機に、内陸の登米市の大山主・新田サヤカ(夏木マリ)の家に下宿して、森林組合の見習い職員として働き始める。サヤカは百音の祖父・龍己(藤竜也)と旧知の仲で、百音は彼女の元で山や木について学んでいた。父・耕治(内野聖陽)は、家を離れた娘を心配して、頻繁に電話をよこすが、百音は忙しくしていて、なかなか連絡が取れない。

おかえりモネ(朝ドラ)の内容

【ストーリー】

安達奈緒子が脚本を手掛けるオリジナル作品で、清原果耶がヒロイン・百音を演じる。東北・宮城を舞台に、誰かの役に立ちたいと思っている百音は、生き方を模索する中で天気予報の可能性と出合う。「空の未来を予測して、人々を笑顔にすること」の魅力を知った百音が気象予報士として羽ばたいていく姿を描く。

【出演者】

清原果耶
永浦百音役

内野聖陽
永浦耕治役

鈴木京香
永浦亜哉子役

蒔田彩珠
永浦未知役

藤竜也
永浦龍己役

竹下景子
語り/永浦雅代役

夏木マリ
新田サヤカ役

坂口健太郎
菅波光太朗役

浜野謙太
佐々木翔洋役

でんでん
川久保博史役

「おかえりモネ」
業界No.1の動画配信サービス
「U-NEXT」
第1話から最新話まで全話配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間内に解約すれば
違約金もありません。
ボタン一つで簡単に解約できます。

おかえりモネ(朝ドラ)の感想

まず、海や山といった、自然の映像が多く、朝からとても爽やかで、清々しい気持ちになれるドラマだと思います。特に山の森林の映像は、緑の色を見ているだけで目が癒されています。そして、子役時代がなく、いきなりのヒロインである清原果耶さん演じる永浦百音の登場も、朝ドラにありがちな、子役時代とヒロイン時代とのギャップが起こらないので、いい演出だと思いました。百音の家族も、みんな個性的であるけれど、芯が強く、家族と生まれ育った亀島を大事に思っている感じが伝わってきました。ナレーションである亡くなったおばあちゃんが牡蠣に転生しているという設定は、突飛な感じもしますが、ヒロインの成長を見守っているということで、優しい気持ちになると思います。宮城県登米市の雄大な自然の中で、百音が天気に対してどう興味を持っていくのか、また、百音を取り巻く人々がどう関わってくるのか、またその土地ならではの催しや文化などについて知ることも、とても楽しみです。40代女性
キャストが豪華すぎてNHKの本気度が伝わってきました。主演の清原果耶さんはじめ登場人物の多くがこれまでも朝ドラに出演したことがある俳優さんが多く、みなさん危なげない演技で安心感が得られました。これまでの朝ドラでもナレーションは亡くなってしまった身内が担当することが多いですが、今回も亡くなった竹下景子さん演じる祖母でした。しかし、生まれ変わって牡蠣になるとは少し驚きです。初回の冒頭部分で主人公の百音の誕生シーンが出てきますが、それ以降は清原果耶さん演じる成長した百音が登場します。朝ドラとしては珍しく子供時代の描写がありません。きっと物語が進むにつれ回想シーンやナレーションが説明する形で登場するとは思うのですが、新しい形の朝ドラで新鮮でした。子供時代の描写も演じる子役の子の演技力のすばらしさや可愛らしさがあっていいのですが、やはりこれだけ豪華なキャストが揃っているのですがから早く本編が見たいと思ってしまいますよね。そういう点ではいい展開の仕方だと思います。50代女性
海に囲まれた町で育った主人公のモネが、海のない山に囲まれた町で働きだす設定が意外性があって面白かったです。大山主のサヤカさんの家に下宿させてもらうのですが、夏木マリさん演じるサヤカさんがカッコイイ。山を大切に思っていて、容易に木を伐採させないなど自分をもっておられることがわかります。素敵な女性がいる家に下宿できるモネは幸せですね。モネの実家で暮らす父親も、娘のことをとても大切に思っていることがわかります。母親がモネが出産するときに、救急車でフェリー乗り場まで運び産気づいたまま海を渡るなど、島特有の医療の大変さも見る事ができました。住民みんなが島で育った人達のことがわかる中、温かい環境なのだけれどみんなが自分のことを知っているうっとうしさも感じるのかな、と思いました。島を出たいを言ったモネの気持ちもわかるような気がします。妹が故郷で暮らし、いずれは研究者になりたいと知ってしまい焦りなども感じるのではないでしょうか。これからどのように天気予報に関わっていくのか楽しみです。40代女性
期待以上に素敵で一杯なドラマでした。まず、ヒロインを演じる“清原果耶さん”の、活き活きとした表情と瞳の輝きが、めちゃくちゃ素敵で魅了されました。それから、風光明媚な宮城県の様と青空が凄く良くて、心地良さが伝わってきて、これまた素敵に魅了されます。まさに、朝ドラらしいと思いました。ストーリーが、モネが高校卒業のタイミングから始まるという、パターンもとってもスッキリしていて、素敵だと感じました。更に、更に、朝ドラに付き物の“ナレーション”、竹下景子さんは、めちゃめちゃ聞きやすくて、抑揚も流石の一言です。感情も上手く伝わってきます。これまた、素敵なところです。今後期待することは、森林組合で働き出したモネが、何を契機に気象予報士を目指すようになるのかを、見守っていきたいと思います。ただ単に、東京からモネの村に来た気象予報士の西島秀俊さんに、憧れたから???では無い契機であって欲しいと思います。本当にあっという間に時間が過ぎます。50代男性
ヒロインがまだおなかの中にいるときに母親が産気づいて、大嵐の中離島である亀島から気仙沼の本土まで大嵐の中船で父親と二人が搬送されるドラマの冒頭はインパクトがありました。天気に関わる「気象予報士」を目指すことになるヒロインモネの人生の幕開けにふさわしいものだったと思います。そんな海の生活から一変して、高校卒業後は山の中としか言いようのない登米市の「農林組合」に勤めているモネの生活が丁寧に説明されていてわかりやすかったです。山の木々の美しさが際立っていました。「農林組合」に併設しているカフェがとてもおしゃれでした。カフェに集う人たちの年齢層が高いのは林業の現状を表していると思いますし、昼ひまな女性は確かにお年寄りに違いないので納得がいきます。「姫」と呼ばれる山主でモネの下宿先の主人を演じる夏木マリはパワフルでいいですね。こういうふうに年を取りたいものだと憧れます。モネの妹がテレビを通して自分の夢を語り、モネが「自分のやりたいこと」「他人の役に立つこと」について考えるくだりは、とても自然な流れで良かったです。50代女性
オープニングの映像がとてもきれいで、BUMP OF CHICKENの主題歌ともとても合っていると思いました。ナレーションの竹下景子さんは、以前にも「純情きらり」でナレーションをされていたので安定感がありますが、「牡蠣」の目線からというのはとても斬新でびっくりしました。ヒロインやその周りの人たちが、ただキラキラとさわやかなだけではなく、何かのトラウマや葛藤などを抱えているような描写もあり、物語の深みも感じます。ヒロインの清原果耶さんと、妹役の蒔田彩珠さんが、本当の姉妹のようにそっくりですね。どちらも独特の魅力的な雰囲気があり、演技力も高い素晴らしい女優さんだと思います。ドラマの作り方として、奇をてらわず、真面目に物語をつむいでいこうとしている姿勢を感じます。気象予報士が題材なので、震災や気象災害などのつらい描写も出てくるのだろうと思われますが、このドラマなら真面目に描いてくれそうです。とても期待しています。40代女性
いよいよ始まりましたね、新しい朝ドラ「おかえりモネ」。2話まで見終えました。本当に始まったばかりなので、まだ先は全然見えませんが、今のところ印象深いのは、夏木マリさん演じるところのサヤカが語る「アスナロ」の話ですね。「明日は人気者のヒノキになろう」とするアスナロだか、どんなに頑張っても、決してヒノキにはなれない。でもアスナロには、アスナロの良いところがあり、ヒノキに負けず劣らず優れた木である。ゆっくりゆっくり、焦らず育てばいい。これはサヤカから百音へのメッセージなのかな?と思いました。百音のまだ私たちが知らない事実があるのでしょう。あと、気になるのは、百音の妹の未知の存在ですね。未知は百音の2歳年下で、勉強が得意で、堅実に先を読んで行動するしっかり者、百音とは逆の性格という設定だそうですから、この先、姉妹でぶつかったり、励ましあったりする展開があるのかもしれませんね。百音役の清原果耶さんは、大人しいイメージなので、激しく感情を露わにするシーンなどがあれば、違った面が見られるかもしれませんね。50代女性
朝ドラと言えば子役が最初に登場し、二週目ごろからやっと主演のヒロインが登場することが多いのですが、「おかえりモネ」は第一話目から主人公の百音演じる北原さんが登場しいつもとは違う朝ドラを感じました。天気予報士を目指すヒロインですが、今は山で林業を学んでおり、ここからどのように天気予報士を目指すのかが見どころです。朝ドラと言えば出演者がとにかく豪華で、今回も坂口健太郎さんや西島秀俊さんなどイケメン俳優が目白押しで朝から目の保養となっています。自然豊かな映像に癒されつつ、笑いもあり見ていて笑顔になれるドラマです。主人公はまだ19歳の高校卒業したての社会人一年生で、自分の人生や将来に向き合う姿に共感を覚えつつも応援したくなる内容です。悩んでいるのはみんな同じで、主人公だけではなく周囲の人々もそれぞれに悩みはあり、それを一つずつ解決しながら生きている人々の様子をこれからも見守っていきたいと思います。30代女性
印象的な登場人物は、夏木マリさんと鈴木京香さんです。まずは、夏木さん。地元の大地主で自ら財産を持っていると豪語する何ともキップの良いキャラクターを熱演されているのが、朝から観ていてとても気持ちが良いです。ただ豪快なだけでなく、周りのひとたちにさりげない気遣いをしているところも好感が持てます。宮城の訛りはいささか大袈裟かなとも取れますが、これもまた味があると言う括りで捉えるのと、東北の言葉に耳慣れない人にとっては聞き取りやすいかもしれません。次に鈴木京香さん。鈴木さんは、優しくてあったかい、しっかり者のお母さんを演じられていて、思わず相談したくなる癒し系です。過去に学校の先生をされていたことが4回目の放送で明らかになりました。娘の未知に何で先生を辞めたのか?と問われて口籠もったのが、とても気になりました。今後のドラマの展開に関わるのかもしれません。鈴木さんは、東北ご出身ということとお母さんという設定もあってか訛りがとても自然で上品に聞き取れます。主人公の清原伽耶さんは、これからどんどんドラマの中心となっていくのでしょうが、今のところはおとなしめな立ち位置です。初々しさは、とても眩しいです。50代女性
まず、西島秀俊さんや坂口健太郎さんなど、好きな俳優さんが出てくるのがよかったです。また、夏木マリさんや藤竜也さん、内野聖陽さん、鈴木京香さんなど、演技の上手な俳優さんが多くて、ドラマがちゃんとしたお芝居になっていてよかったです。それから、主役が清原果耶さんということで、主人公の百音が清原さんにぴったりのイメージで良いと思いました。また、浜野謙太さんが出演しているので面白くなりそうです。それから、主題歌もバンプオブチキンが歌っているので、爽やかな感じがします。また、ナレーションも竹下景子さんがやっているので、馴染みがあって、よいです。また、時代の設定が平成なので、朝ドラにしては珍しく、最近のことが見られて良いと思いました。それから、ストーリーが天気のことなので、気象について手助けしているのが、気象予報士の斉田季実治さんということで、すごいなと思いました。他にもでんでんさんも出ていて、馴染みが合って良いです。50代女性
あまり朝ドラは見ないのですが、清原果耶さんの演技力と、放送が始まる前に「おかえりモネ」のドラマの紹介をする番組を見て、今回は朝ドラを見てみようと思い、見ることにしました。舞台は宮城県でモネの勤務先が森林組合ということもあり、自然がいっぱいで爽やかな感じです。朝起きてすぐにこのドラマを見るので、この朝から自然がいっぱいの爽やかな感じと清原果耶さんの自然な演技がすごく良いです。15分があっという間で、今日も「もう終わりなの」と思ってしまいました。見ていて楽しいので、時間が経つのも早いです。ドラマの内容も今のところは明るい感じなのですが、百音が家を離れたのは高校時代に何か理由があったそうなので、それがこれからどんな理由なのか興味があります。今日は早速、百音に今後気象予報士を目指すきっかけとなる気象予報士役の西島秀俊さんが登場しましたが、夏木マリさん演じるサヤカとの関係がどうなのか気になります。まだ始まったばかりですが、診療所の先生など、色々と気になることがいっぱいで楽しみなドラマです。40代女性

本ページの情報は2021年5月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました