聲の形 (アニメ映画)の無料動画をフル視聴する方法

アニメ
映画『聲の形』 ロングPV

聲の形 (アニメ映画)の動画を無料視聴する方法

「聲の形」
業界No.1の動画配信サービス「U-NEXT」
フル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間内に解約すれば違約金もありません。
ボタン一つで簡単に解約できます。

【U-NEXTのおすすめポイント】

  • 見放題動画21万本、レンタル動画2万本を配信!(2021年4月時点)
  • 月額プラン2,189円(税込)が31日間無料!
  • 600円分のU-NEXTポイントをプレゼント!
  • 上記特典を利用することで、見放題動画を31日間無料で視聴可能!
  • ポイント作品・レンタル作品は、U-NEXTポイントを使って視聴できる作品です。
    1ポイント1円(税込)相当として利用可能!

【U-NEXT利用者のコメント】

20代女性
20代女性

子ども向けのものから、若者向け、大人向け、と様々な世代に向けたアニメ作品がたくさんあり、家族みんなで利用することができる点がとてもお気に入りです。また、アプリやテレビ版のアプリでも操作がしやすく、スムーズに作品を視聴することができる点がいいなと思います。また、画質や音質も良く快適な視聴が可能な点も好きです。特に気に入っているところは、作品に五段階の評価が付いているところです。何か知らない作品を見たいときには、必ずこの評価を確認して星が四つ以上のものを見るようにしています。評価を参照しながら作品を選ぶとハズレがないので効率的です。

30代男性
30代男性

ないエンタメがない、というキャッチフレーズは本当で、ありとあらゆるエンタメ作品の多さに感動しました。サイトもシンプルで目的の作品が探しやすいように細かくカレゴライズされている点もよかったです。特にアニメ作品のラインナップの豊富さは数あるVODの中でも郡を抜いており、アニメが好きな方であれば登録して絶対に損はしないと断言できるでしょう。一概にアニメといってもオールドなものから最新のものまで幅広く扱っています。私は90年代のアニメが好きなのでそれを目的として登録しましたが、最近のアニメも見てみると面白いものが多く、様々な作品に気軽に触れれてる点も嬉しいポイントです。

聲の形 (アニメ映画)の無料動画まとめ

\詳細をU-NEXT公式サイトでチェック/

/最新の話題作が見放題\

危険!映画やドラマの視聴は公式サイトで!

PandoraやDailymotion等の違法動画サイトを利用して、動画や映画を視聴又はダウンロードすることは、おすすめしません。

違法動画サイトには、クリックしたことでウイルスに感染する広告など、危険な罠が張り巡らされています。
クレジットカード情報や個人情報を抜き取られるなど、多くの方が被害にあっています。

また、個人利用目的であっても、違法アップロードされた動画をダウンロードすると、刑罰が科されます。
「2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)」の処罰が科され、実際逮捕者が出ています。

最終的には自己責任ですが、合法的に無料視聴ができる公式VODサイトをおすすめします。

聲の形 (アニメ映画)の内容

【ストーリー】

退屈を何よりも嫌う少年・石田将也。ガキ大将だった小学生の彼は、転校生としてやってきた、ろうあの少女・西宮硝子へ無邪気な好奇心を抱く。それ以来、退屈から解放された将也だったが、硝子とのある出来事をきっかけに彼は周囲から孤立してしまう。

【出演者】

(石田将也)
入野自由
(西宮硝子)
早見沙織
(西宮結絃)
悠木碧
(永束友宏)
小野賢章
(植野直花)
金子有希
(佐原みよこ)
石川由依
(川井みき)
潘めぐみ
(真柴智)
豊永利行
(石田将也(小学生))
松岡茉優
(島田一旗(小学生))
小島幸子

「聲の形」
業界No.1の動画配信サービス「U-NEXT」
フル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間内に解約すれば違約金もありません。
ボタン一つで簡単に解約できます。

聲の形 (アニメ映画)の感想

この作品は、たまたまなんとなく気になったので、この作品と出会ったのは偶然でした。けれど偶然にもこの作品に出会えたことは、本当に良かったなと思いました。何故なら、こんなにも素晴らしい作品に出会えたからです。今まで聴覚障害がある登場人物がいる作品をアニメーションで観たことがなかったので、そこに関しても衝撃を受けましたが、何よりもいじめであったり、初々しくももどかしい恋愛であったりがリアルで、この作品のようなアニメーションは大人になった私でも感動しましたが、多くの子ども達に観てほしいなと思いましたし、少しでも多くの子どもたちがこの作品を知ってくれたら、なにか心を動かされるものがあるのではないかと思いました。 30代 女性


聲の形は綺麗な王道の青春ではないですが、見た人が自分にとって大切な何かを感じられる素晴らしい作品です。映像も綺麗で見どころ抜群でストーリーがとても作り込まれているから何度見ても感動して泣いてしいます。人の綺麗な部分だけではなく、濁ったリアルな所もしっかりと映し出されるので凄く物語に深みとリアリティーがあります。聲の形は強いメッセージ性があるから感情移入もしやすく、凄く深みのある場面が沢山あるから凄く胸にぐっと刺さります。そしてキャラクター一人一人の心情が細かく描写されていてどのキャラクターにも魅力があり、短所がわかりやすいのでキャラクターにより深みが出ていて、自分と重ねて見たりすると凄く胸グサッりとくる場面が沢山あって個人的にめちゃくちゃおすすめの映画です。 20代 男性


聴覚障害者の少女西宮硝子と、彼女に出会ったことで様々な感情の変化を経験しながら成長してゆく少年石田将也の物語。ヒロインが障害者であることがとかく重視されがちな作品ですが、個人的に重要なのは、いじめっ子だった石田将也が、因果応報のような形で自分もいじめられる立場となって苦しみ悩んだ末に、相手に与えていた苦痛を実感した上で、西宮硝子と和解し、さらにはデートするような間柄にまで至る、その成長の過程にあったと思います。つまり、少年の成長の物語ですね。そういう意味において、西宮硝子が聴覚障害者であること自体は、物語の盛り上げ要素でしかないのかも知れません。今成長期である子供たちに是非見てもらいたい作品ですね。 30代 男性


今まで主人公がいじめられていた話はよくありましたが、主人公がいじめていた側の話は初めて見ました。主人公は耳の聞こえない女の子をいじめて転校にまで追いやったことで、今度は自分がいじめられました。加害者から被害者になることで、気持ちが分かり主人公が追い詰められるところからのスタートでした。絵がとてもきれいで、登場人物の心の機微が丁寧に描かれていました。いじめを通じて各々が学び、自分が受けた傷を乗り越えていく姿にとても感動しました。特に花火大会の描写では泣けました。明るく見えるヒロインも、いじめられていたことや耳が聞こえないことで心に影を落としていたのだなと思いました。最後はハッピーエンドなので前向きになれる映画です。 30代 女性


今までいじめる側でいたガキ大将の主人公が、あることをきっかけにいじめられる側になりその後、当時のキャラクターたちの心の機微に焦点を当てた作品。石田がいじめる過程で壊してきた物の弁償代が高額であり家にも迷惑をかけていたこと、自分の周りの人達が本当の友だちではなかったことをいじめられる立場に変わるときに知る。いじめに合い転校して行った西宮と数年後出会ったことで、石田の中で、周囲の人達の中で心の変化が起こっていく。心の描き方がとても繊細で引き込まれる構成になっており、一人一人の心の葛藤がしっかりと描き込まれている。魅力あるキャラクターに仕上がっており、誰一人として無駄ではないと言えるほど作り込まれた作品になっていると思う。学生生活は長短、人によって期間はまちまちであると思うが、誰でも必ず共感できるキャラクターや場面が存在すると思う。作品を通して自分を顧みて心の整理をする良い機会になるのではないだろうか。 20代 男性


他の感想でもよく見ますが、小学生時代の西宮へのいじめや、高校での将也へのいじめがすごくリアルです。正直見ていて不快感があります。また、映画だけだと高校生になった西宮が、なぜ将也のことを好きなのか分かりづらい箇所があります。しかしこの作品はそれらを上回る映像のきれいさや、心の内面をよく描いた描写があり魅入られてしまいます。ネタバレになりますが、最後将也が心を開くことで、周りの人の顔に貼られていたバツ印がポロポロと剥がれてゆくシーンは、やっと心が自由になった感じがしてグッときます。将也の周りのいじめに加担していた友人が西宮のために手話を使い始めるシーンもとても素敵です。考えるより感じてみるといい映画だと思います。 30代 女性


映画『聲の形』を観て、「声優の方々の巧みな表現」と「聴覚障害による苦労」が良かったと思いました。まず、声優の方々の巧みな表現についてです。この映画では、過去の出来事による傷を抱える高校生たちの様子が描かれます。高校生たちの声を担当するのは、入野自由さんや早見沙織さんなど、幾つもの人気アニメで声を担当して来た方々です。そんな人気声優の方々が、高校生たちの繊細な感情を声だけで美しく表現しているところに、引き込まれながら観ていました。次に、聴覚障害による苦労についてです。女子高生の硝子は、聴覚障害を持ち不自由な生活を送っていて、他人の顔色を窺ってばかりいます。聴覚障害によって上手く自分を表現できないなどの辛さを抱えているところがリアルに描かれていて、感心しながら観ていました。 20代 女性


映画『聲の形』の良かったところは、「葛藤しながら生きる将也」と「新たな関係性を築けるのか」です。1つ目は、葛藤しながら生きる将也です。この映画では、小学生の頃以来の再会を果たした高校生・将也と硝子の様子が描かれます。将也は、小学生の頃はクラスの人気者として幸せな日々を送っていましたが、硝子との間に起きた出来事によって人気者としての地位を失ってしまいます。小学生の頃のトラウマに苦しみ、もがきながら生きる将也に、胸が張り裂けそうになりながら観ていました。次に、新たな関係性を築けるのかについてです。偶然同じ高校に進学した将也と硝子は、再会を機に交流を深めていくことになります。ぎこちない距離感の2人は、理解を深めて仲良くなることができるのか、見守るような気持ちを持って観ていました。 20代 女性


“内容については、言葉では言い表せない心情が描かれていて、なんか涙が止まらない。私はいじめられた経験もあるからいじめっ子は嫌いだったけど、いじめっ子も苦しんでるんかなって。幼少期の代償を背負って生きてるのかって考えさせられましたしてしまったことはもう無いことには出来ないけど、受け入れたくないけど…
受け入れながら、許されながら、許しながら生きていくしかないんだ綺麗事ばかりじゃない描写が良かった人を想う気持ちと、どす黒い部分が対比するかのようにシーンに現れててよかった。キャラクター一人一人のぎこちない身体性が良い。かつてはいじめっこで、背だけは伸びたが人の顔が見れなくなった姿勢の悪い主人公。
チビデブで冴えないのにイキリ倒してる熱い男の子。背は高いのに気が弱くて、色白で広がったショートヘアの女の子。絵はよくある可愛い感じなのに、全員にどこか欠損があるから、すごい人間味があって良かったです” 40代 男性


キラキラ輝いた青春映画ではなく、もっと深い人間が生きていく中で考えて過ごしていかなければいけない大切なことに気付かされるような作品になっていてかなり心に響きました。何よりもいじめっ子といじめられた子がただただ仲直りして仲良しになった、というだけの映画に終わっていなくてよかったです。しかし子どもたちを一生懸命サポートしてあげなければいけない立場の先生という存在がいじめに気付いていながらもそれを傍観するということは本当にひどいなと思いました。ストーリーは本当に深くて素晴らしかったのですが、アニメーション技術においても感心しました。綺麗な映像美のおかげでもっと作品そのものの価値が非常に高いように感じました。また見返したいです。 20代 女性

漫画熟読済みで映画をみました。とにかく泣いてしまって…。漫画でももちろん泣いたのですが、アニメ化されるとさらに切なくなりますね。より一層登場人物たちの葛藤が伝わってきました。いじめられっ子に焦点を当てた作品って多々あると思うのですが、いじめっ子のその後に焦点を当てた作品はあまりないはず。きっと見ていて辛くなる人もいると思うのですが、この作品は全小中学生たちに見てほしいなと感じました。人の心のもろさ、言葉は時に刃になること、そして周りの大人たちもまた弱い人間であるということ…。聲の形を見ることで、繊細な部分まで意識して学校生活を送ることができるようになるのではないかと思います。教育現場に携わる人たちにも絶対見てほしい一本です。 30代 女性


救いのある話なのかと聞かれると、うーん…と迷ってしまう、それが聲の形を見た後の感想です。答えの出ない問を考える瞬間ってその人の人間性が表れますよね。聲の形は登場人物それぞれの心情が深く表現されているので、考え方に正解不正解がないということを再認識させられます。私自身は植野直花が好きだし、考え方も似ていると思いました。映画を見ながら、私って第三者目線でいくとこんな感じに見えているんだろうなと思えて興味深かったです。あ、これじゃあちょっと冷たすぎる、もうちょっと人に優しくしないとなとも思いましたが。どの登場人物に共感できるかによって、見た後の後味が180度変わりそうな作品。この人の価値観を知りたい!という方と見てみるのをオススメします。 30代 女性


とにかく大号泣させられたことが衝撃的で、私はアニメを見てこれほど感情的になって涙を流したことはこれまでにないので、そのストーリー構成の素晴らしさに大満足しました。終盤になっていくにつれて、話がどんどんディープになっていくあの物語を描くことのうまさに圧倒させられました。登場していたキャラクターに関して言えば、永束が癒しキャラだったのでかなり個人的に気に入った人物でした。京アニのアニメを今回初めて見たのですが、演出、アニメーション、ストーリー構成、音楽など様々な面においてファンになったのは初めてで、まだ見たことがないと言う人にはぜひ性別や世代を問わず見てみて欲しいです。障害者本人は当たり前に辛いのですが、その周りの人もそれなり悩ましい感情を持っていて、自分のいかに恵まれた環境に生きているかと言うことを考えさせられること間違いなしです。 20代 女性


アニメ「聲の形」の良かったところは耳に障害があるキャラクターを登場人物に据えることによって障害者に対する接し方についてよく考えることができるアニメなのではないかと思います。登場人物たちの人間関係についても徐々に変化をしていく過程を描くのが非常に上手いアニメだと思いますし思春期特有の考え方やもどかしさなどが非常に上手く描けていたと思います。また子供達の保護者や脇を固めるキャラクターもよく描けていて素晴らしい作品なのではないかと思います。学校の授業である道徳の科目にこのアニメを視聴するということを取り入れてみても子供たちの教育に非常に良いのではないかと考えてしまいました。色々な意味でただのアニメではないと思いますしもっとたくさんの人に見てもらいたい作品だと思います。 30代 男性


聾唖というハンディキャップを持つ転入生に対し、最初の内は子供らしい素直さで親切に振る舞うものの、次第にその「特別扱い」にわずらわしさや厭わしさを覚え始め、些細なキッカケから次々と手の平を返して集団で相手を蔑み貶めるようになる感情の動きがあまりにも生々しく、ハッとさせられました。補聴器がどれほど高価なものかを考えもせず嫌がらせを繰り返す浅はかさもとてもリアルで、フィクションではなく誰かの体験談に基づいているのではないかと思えるほどでした。そして、こんな仕打ちを受けても前向きでいようと頑張っていた硝子の心がとうとう折れてしまったシーンは、映像が非常に美しいからこそ余計に胸が痛くなり、涙が止まりませんでした。 30代 女性


こちらの作品は少年マガジンでも読んでいました。内容的に見ていて辛くなるシーンもあるのですが、最終的には見て良かったなと思いました。昔いじめっ子だった主人公の石田は高校生になり昔いじめていた西宮さんと手話サークルで再開し過去にいじめていた蟠りを解こうとするのだが…という内容ですが、小学校時代に同じく虐めていた奴らの掌返しにはさすがに腹が立ちました。全てを石田のせいにして、自分達は知らん顔、でも実際現実にはこんな人多いよなぁと思いながら見てました。西宮さんは生まれつき耳が聞こえないのですが、それが原因で虐められていました。個人的に今でも思い出すと泣いてしまいそうになるのは何度も何度も補聴器を壊されていた西宮さんが、妹に手話で「死にたい」と伝えた時には思わず号泣してしまいました。初めてこのアニメを見た時とは違い、自分には今2歳になった娘が居ます。今改めてこのアニメを見ると、我が子がこんな目にあったら、自分は恐らく加害者に対し恐ろしい事をしてしまうだろうと思って見てしまいます。 30代 男性


“それぞれの登場人物の心理描写がとても秀逸な作品で、いつ見ても「さすがは京都アニメーションだ…!」と思わずにはいられません。
ハイクオリティなアニメーションにハイクオリティな原作が掛け合わさり、日本のアニメを代表する作品になっていると思います。
特に、小学校時代に主人公・将也が、耳の聞こえないヒロイン・硝子をいじめた主犯としてやり玉に挙げられたときの雰囲気はこちらも胃が痛くなるほどの空気感でした。
将也ほど形に残ることはしていないけれど、怒られたくないからと我関せずの友達に、陰口を叩いていたはずなのに自分も被害者のように振舞う女子、面倒だから全部将也ひとりに罪をかぶせて終わりにしようと声を荒げる担任教師、と小学校の悪いところが全部詰まったかのようなあのシーンは、昔の古傷を抉られるようです。それほどまでに絵も雰囲気も声優さんの演技もすべてが完璧なんです。将也がさまざまなことに悩みながら躓きながら拒絶しながらも成長し、クライマックスで、本来の優しい少年に戻っていくかのような心の底からの涙は忘れられません。” 30代 女性


耳に障がいを持つ障がい者の女の子を取り巻く物語で、よく考えさせられる物語でした。初めは障がい者に対する周りとのずれによるいじめから始まり、一番いじめをしていた主人公が今度はいじめられるという感じになっており、時間が経って高校生になってから物語が動き出します。主人公は対人関係が苦手になっており、その描写がまた繊細なのと、障がい者の女の子と再会するのですが、その関わり方がいろんな立場の人がおり、全部、どこかしらには共感できるようになっています。また、過去にしてきたことは消えず、いじめの問題の掘り下げも強く描かれています。ですが、この作品の一番の見どころはいじめでも障がい者の問題でもなく、人との繋がりや関わりだと感じました。今生活をしている自分たちの中にも当てはまることがあるんじゃないかとと考えさせられることもあり、また自分の中に何か心を揺さぶるものが残るような素晴らしい作品です。 20代 男性


硝子に対する心無い仕打ちを後悔し、償いをしたいと願う将也だけでなく、まったく反省していないどころか今もなお硝子を憎悪のこもった眼差しで睨みつけ、罵りさえする植野というキャラクターの存在が、本作を単に障碍をテーマにした感動ストーリーではとどまらない、一段上の物語へと押し上げています。しかも、植野が硝子を嫌い排斥しようとする動機が聾唖者への嫌悪などではなく、将也への一方的な想いからくる嫉妬ゆえというのが、今時のありふれた女の子としてデザインされた彼女の見た目とも非常に合致したリアリティとなっており、透明感があってふんわりとした印象の硝子と印象的なコントラストを織り成しています。また、将也とていじめの首謀者に仕立て上げられ、スケープゴートとして断罪されたからこそ自身の愚かな行いを省みることが出来たときちんと自覚している点に好感を抱きました。 30代 女性


かつて週刊少年マガジンで連載されていた話題作の劇場アニメ化作品。先天性聴覚障害の持ち主・西宮 硝子と彼女をいじめる石田 将也、二人を軸に繰り広げられる未熟な心の持ち主たちの心の成長ストーリー。原作を知らない方も、知っている方も、アニメに興味がない方も見た方がいい作品。派手でドラマチックな展開はありませんが、繊細で緩やかな心の成長の表現を、演者さんや国内屈指の表現力を持つ京都アニメーションが見事に表現しています。時に不器用で、時にまっすぐな登場人物たちの言葉や感情のぶつけ合いは、静かな感動を与えてくれると思います。毒にも薬にもならない作品ではありません。観た者の心に届く聲(こえ)の形は、見た者の数だけ存在する本作品、私の心は、西宮 硝子の可愛さに精神をやられました!皆さんも西宮 硝子の可愛さに心をやられて欲しいです! 40代 男性

本ページの情報は2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました