ましろのおと(アニメ)の無料動画を1話からフル視聴する方法【最新話まで】

アニメ
TVアニメ「ましろのおと」第2弾PV

ましろのおと(アニメ)の動画を無料視聴する方法

「ましろのおと」
業界No.1の動画配信サービス「U-NEXT」
第1話から最新話まで全話配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間内に解約すれば違約金もありません。
ボタン一つで簡単に解約できます。

【U-NEXTのおすすめポイント】

  • 見放題動画21万本、レンタル動画2万本を配信!(2021年4月時点)
  • 月額プラン2,189円(税込)が31日間無料!
  • 600円分のU-NEXTポイントをプレゼント!
  • 上記特典を利用することで、見放題動画を31日間無料で視聴可能!
  • 「ポイント作品・レンタル作品」は、U-NEXTポイントを使って視聴できる作品で、1ポイント1円(税込)相当として利用可能!

【U-NEXT利用者のコメント】

20代女性
20代女性

子ども向けのものから、若者向け、大人向け、と様々な世代に向けたアニメ作品がたくさんあり、家族みんなで利用することができる点がとてもお気に入りです。また、アプリやテレビ版のアプリでも操作がしやすく、スムーズに作品を視聴することができる点がいいなと思います。また、画質や音質も良く快適な視聴が可能な点も好きです。特に気に入っているところは、作品に五段階の評価が付いているところです。何か知らない作品を見たいときには、必ずこの評価を確認して星が四つ以上のものを見るようにしています。評価を参照しながら作品を選ぶとハズレがないので効率的です。

30代男性
30代男性

ないエンタメがない、というキャッチフレーズは本当で、ありとあらゆるエンタメ作品の多さに感動しました。サイトもシンプルで目的の作品が探しやすいように細かくカレゴライズされている点もよかったです。特にアニメ作品のラインナップの豊富さは数あるVODの中でも郡を抜いており、アニメが好きな方であれば登録して絶対に損はしないと断言できるでしょう。一概にアニメといってもオールドなものから最新のものまで幅広く扱っています。私は90年代のアニメが好きなのでそれを目的として登録しましたが、最近のアニメも見てみると面白いものが多く、様々な作品に気軽に触れれてる点も嬉しいポイントです。

ましろのおと(アニメ)の無料動画まとめ

\詳細をU-NEXT公式サイトでチェック/

/最新の話題作が見放題\

【危険!】映画やドラマの視聴は公式サイトで!

PandoraやDailymotion等の違法動画サイトを利用して、動画や映画を視聴又はダウンロードすることは、おすすめしません。

違法動画サイトには、クリックしたことでウイルスに感染する広告など、危険な罠が張り巡らされています。
クレジットカード情報や個人情報を抜き取られるなど、多くの方が被害にあっています。

また、個人利用目的であっても、違法アップロードされた動画をダウンロードすると、刑罰が科されます。
「2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)」の処罰が科され、実際逮捕者が出ています。

最終的には自己責任ですが、合法的に無料視聴ができる公式VODサイトをおすすめします。

第4話 春の暁

おばちゃんのために、もう1度「春暁」を聴かせてあげたい朱利。だが、自分にはまだ弾けないからと、雪は演奏のお願いを断ってしまう。「春暁」と改めて向き合う中で”自分なりの音”を見つけた彼は、朱利のおばあちゃんの元へ。ついに、雪の「春暁」が鳴り響く――。

第3話 驟雨

授業中、こっそり音楽を聴いていたのがバレてしまい、スマホを取り上げられる朱利。彼女のイヤホンから流れてきたのは、雪の祖父である松吾郎の即興曲「春暁」だった。なぜ?どうして彼女があの曲を?曲のことを問う雪に、朱利は、おばあちゃんとの大切な思い出を語りだす――。

第2話 林檎の花

突然押しかけてきた破天荒な母「澤村梅子」により、雪は半ば強引に私立梅園学園に編入させられる事となる。使わないまま放置されていた三味線の組み立てを手伝った事をきっかけに、同級生の「前田朱利」と知り合った。そんな中、雪は久しぶりに再会した兄と共に、三味線を取り――。

第1話 寂寞

津軽三味線の奏者、澤村松吾郎を祖父に持つ少年「澤村雪」は、憧れていた祖父の死をきっかけに、なくなってしまった”自分の音”を探すため、アテもなく上京する。トラブルに巻き込まれていたところを、キャバクラで働く女性「立樹ユナ」に助けられた雪は、成り行きからライブの前座として演奏を披露することになり――

ましろのおと(アニメ)の内容

【ストーリー】

伝説的な津軽三味線の奏者・澤村松吾郎を祖父に持つ少年・澤村雪。祖父の死をきっかけに三味線を弾けなくなってしまった雪は、あてもなく上京する。紆余曲折を経て梅原学園へと編入し、津軽三味線愛好会のメンバーになった雪は、自分の音と想いを探し続ける。

【出演者】

(澤村雪)
島崎信長
(澤村若菜)
細谷佳正
(前田朱利)
宮本侑芽
(山里結)
近藤玲奈
(矢口海人)
岡本信彦
(永森雷)
鈴木達央
(澤村梅子)
本田貴子
(神木清流)
梅原裕一郎
(田沼総一)
畠中祐
(田沼舞)
三上枝織

「ましろのおと」
業界No.1の動画配信サービス「U-NEXT」
第1話から最新話まで全話配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間内に解約すれば違約金もありません。
ボタン一つで簡単に解約できます。

ましろのおと(アニメ)の感想

三味線奏者だったじっちゃんが亡くなり、雪の中で全ての音が空っぽになっていく様子を吹雪がよく表しているなと感じました。じっちゃんが死ぬ前に、自分が死んだら三味線はもう弾くなと言っていたのはなぜなのか?その理由がとても気になりました。雪を住まわせてくれたキャバ嬢のユナがとても明るく、クズみたいな彼氏のタケトに忠実で健気なのが見ていて辛かったですが、そんなユナの気持ちを雪の三味線が変えてくれて、胸がスカッとする思いでした。タケトのライブの前座で雪が弾く三味線の音色があまりにも美しく強く、聴いていて鳥肌が立つほど感動と興奮を覚えました。じっちゃんを思いだしながら、行き詰る自分に歯がゆさを感じながら奏でる三味線の音が、こんなに素晴らしいものとは思ってもみなかったので、とても新鮮な気持ちでいっぱいになりました。 30代 女性


最初はどんなものかと興味半分で見ていましたが、家出して東京へ出てきた雪くんと、雪くんのお母さん(梅子)のやりとりが面白かったです。津軽弁同士の会話なので一部、何て言ってるのかわかりづらい点がありましたが、それも何となくの雰囲気で理解できます。また、そのシーン直後の雪くんの三味線と梅子さんの歌に心奪われてしまいました。アニメなのに鳥肌が立ってしまった程です。梅子さんが気持ち良さそうに歌う姿に、雪くんがどれほどすごい弾き手なのかがよく分かるシーンでした。また、高校では「三味線愛好会」があることを知っていながらも「自分には自分の音がないから」と入部を断るという雪くんの繊細な気持ちも描かれていました。三味線のアニメ?(間延びしたアニメなのかな)と少しバカにしていましたが、心に響く音楽が楽しめて、テンポ良く話が進むのでかなりオススメです。 20代 女性


三味線の音を楽しむ作品といった印象を受けます。初っ端から美しい弦の音から始まるのも引き込まれます。結構方言の使い方が面白いです。雪深い場所からの都会へのシーンの場面転換も美しく主人公の非日常感が伝わってきます。個人的には伝統的な三味線からのキャバクラのキラキラシーンがミスマッチすぎてちょっと笑えます。ユナと主人公のかみ合っていない会話のやりとりもコメディタッチで面白いと感じます。序盤だけ見ていると歳の差恋愛ドラマが展開されそうな勢いでしたが、主人公が三味線を弾いたことでその場の空気を一変させてしまったシーンはグッときます。絵のタッチも繊細で美しいのも魅力的です。わりとその音が人の精神を落ち着かせるといった描写もよかったと思います。今後の展開に期待したいです。 30代 女性


お祖父さんが亡くなってしまって、ただただなんの宛もなく飛び出してきた雪が出会ったのが、ユナさんで良かったです。本当に泊まる宛も無く、初めての都会に人酔いとかしながらフラフラ歩いていた雪だけど、そんな雪を見兼ねて泊めてくれたユナさんが本当に素敵な大人でした。バンドマンのクズ男と付き合っていたユナさんだけれども、雪と出会ったことで、人に尽くすのではなく自分のために生きることを決めて進んでいく姿が良かったですし、そんなユナさんの姿を見てたった数日の間だったけれども一緒に過ごせたことにより、確実に雪の三味線の音であったり、今後の人生に大きな影響を与えたのではないかなと思います。ユナさんの別れ際のキスは、雪にとっては一生忘れられない思い出になりそう。 20代 女性


津軽に住んでいるおじいさんの三味線の音色が大好きな少年が、おじいさんが亡くなったことを受けて東京に出ることから始まった。まず1話の感想はものすごい速度で話が進むので息つく暇もないテンポで見ることができて楽しかった。並のアニメなら主人公が三味線をしているという珍しい設定を描いて、東京に行くところで終わってもおかしくないが、主人公の三味線のバックグラウンドの説明・上京・お姉さんに拾われるという展開を開始3分で行い、さらにお姉さんの彼氏の話に踏み込み、さらにさらにライブで三味線を披露するという3話分くらいあるんじゃないかという怒涛の展開が見れる。第1話のつかみとしてはこれ以上ないもので、これ以降の話を見たくなる素晴らしい構成をしていた。加えてアニメで流れる三味線の演奏がガチなのも良かった。あらゆる要素が話に引き込まれる要素として機能している印象だった。今期のアニメで心を掴まれた第1話ランキングの上位にランクインするものだったので今後も各キャラの振り下げやダイナミックな展開に期待したい。 20代 男性


アウェイな空間だったライブハウスにおいて映った三味線のシーンがなんともかっこよく、美しく、リアルで綺麗な音色で最高に良かったです。今回登場したバンドマンは、単なる「クズ」なキャラクターではなく、これからストーリーにとってまあまあ重要なキャタクターになるのではないかと予想をしていて、今後どうなっていくのかが楽しみに感じました。1話全体を通して、やはり音楽関係の作品は漫画と比べてアニメであってもドラマであっても、そのリアルな「音」が作品としての強みと言え、見どころ・聴きどころでもあるなと思いました。最初の最初からかなり面白いアニメだったので、今後もかなり期待して見られそうです。セリフで見られる津軽弁に関しても興味を惹かれたので、方言の聞けるアニメは貴重だなとも思わされました。 20代 女性


自分の将来に希望を持てずに壁にぶつかる若者の心理がよく描かれていた点が良かったです。登場した主人公、主人公を都会で養ってくれた女性にも、心理的に共感と好感を持つことが出来ました。芸能の道に進みたい女性が、正統派でのデビューは無理だから、アダルトビデオ路線でのデビューをスタッフから持ちかけられるシーンには、夢を追う者がぶつかる厳しさと、怖いリアルを見ることが出来ました。亡き祖父を思って、自分の音楽を求める若き主人公に、哀愁を見ることが出来ました。バンドライブの前座として、意外にも音楽性の異なる三味線の演奏を見せた主人公の見せ場が格好良かったです。興味がないお客をも取り込む圧巻のライブパフォーマンスが見れてよかったです。 30代 男性


主人公をアパートに招いて一時の間養ってくれた女性の持つ心理が濃く描かれていた点に好感が持てました。田舎から都会に来て、何もつかめないでフラフラしている若者だと思ったから主人公を助けたという、同情とやさしさの混ざった思いで行動した女性の心理には納得出来るものがありました。助けた男子には、音楽のすごい才能があると分かって落ち込むヒロインの気持ちがよく分かる語りのシーンも良かったです。夢や人生に本気で向かっていく経験をした者だからこそが語れる内容がそこにあったと思います。バンドマンの男性が、彼女に依存してお金をもらうというシーンには心痛むものがありました。相手が大人でも間違っていることはしっかり間違っていると指摘した主人公の真っ直ぐな人間性が好きになりました。 30代 男性


何のあてもなく上京した雪が、東京の光に酔ってよりにもよってガラの悪い男の上に倒れてしまい殴られてしまったシーンにはヒヤヒヤしましたが、キャバクラのドレス姿で見事な蹴りをかまして全員蹴散らしたユナがかっこよかったです。その後、ユナの部屋のベッドで飛び起きた雪がピンクでハートいっぱいの服を着させられていた姿には、思わずクスッとなってしまいました。そんなユナには、バンド活動をする彼氏のタケトがいましたが、浮気がバレて振られたにも関わらず、悪びれることもなく図に乗っていた彼の態度には見ていて嫌気が差しました。そんな彼をユナが思いっきり蹴り飛ばしたシーンには何だかスカッとした気持ちになりました。これからどんなストーリー展開が待っているのか気になります。 20代 女性


結構面白かったです。音楽を取り扱うアニメと聞いていたのでかなり心配な部分はあったのですがいざ映像化されてこうやってアニメーションとして放送されてみるとかなりいい感じにその音楽というものを上手くアニメーションに落とし込めていると思いました。このましろのおとで扱う音楽や楽器は琴なので、結構今まで前例がないものなので、アニメになったら一体どういう風になるんだろうと疑問に思っていたのですが、普通に演出や脚本の力で、迫力ある描写に仕上がっていたので本当に面白いと思いました。原作のストック的にはあまり心配がなさそうなのでそのあたりもいいですね。2話が今から楽しみで待ちきれなく思えるぐらいには面白かったので、まだ見ていない方は早く見た方がいいですね。 30代 男性

本ページの情報は2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました